藤沢周平のこころ (文春文庫) [文庫]
    • 藤沢周平のこころ (文春文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003012963

藤沢周平のこころ (文春文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2018/10/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

藤沢周平のこころ (文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「蝉しぐれ」「三屋清左衛門残日録」「橋ものがたり」―藤沢周平が遺した小説には、市井の人々のささやかな喜びや悲しみ、生きる上での“矜持”が描かれ、読む者の心をとらえて離さない。没後20年を機に編まれたムックに「オール讀物」掲載の記事を追加し、再構成。藤沢作品の魅力に様々な角度から迫る、永久保存版の1冊!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    名作を紡ぎ続けた作家の軌跡(特別対談 石井ふく子×遠藤展子―「普通が一番」だった父の素顔
    知られざる修業時代(鈴木文彦)
    第69回直木賞選評 ほか)
    藤沢作品の魅力を徹底紹介(熱愛座談会 松岡和子×あさのあつこ×岸本葉子―語り継ぎたい「矜持」がある
    エッセイ 私が愛する藤沢周平
    「わたしを執筆へと導いてくれた藤沢周平作品」(あさのあつこ) ほか)
    新たなる映像の世界へ(役者生活六十年の集大成(北大路欣也)
    特別評論 新しい文学がここにある―『三屋清左衛門残日録』を読む(湯川豊)
    寅さんと藤沢周平さんの眼差し(山田洋次) ほか)
  • 出版社からのコメント

    没後二十年を機に編まれたムックに「オール讀物」掲載のインタビュー記事・座談会等を追加。永遠に愛される藤沢文学を語りつくす。
  • 内容紹介

    藤沢周平が遺した小説には、市井の人々のささやかな喜びや悲しみ、生きる上での矜持が描かれ、今なお読む者の心をとらえて離さない。

    没後20年を記念して編まれたムック「藤沢周平のこころ」が、待望の文庫化! 構成を一部変更し、更に充実した永久保存版。

    ○名プロデューサーと長女の語る、ありし日の姿「石井ふく子×遠藤展子」対談。
    ○「暗殺の年輪」で第69回直木賞受賞(1973年)全選評+受賞者インタビュー。
    ○昭和2年生まれ同士「城山三郎×藤沢周平」対談。
    ○〈代表作時代小説〉(文藝家協会編)に掲載された「作者のことば」20篇。
    ○選考委員大座談会「直木賞のストライクゾーン」
    ○熱愛座談会「松岡和子×あさのあつこ×岸本葉子」
    ○エッセイ「私が愛する藤沢周平」上橋菜穂子・中江有里・宇江佐真理・皆川博子・川村元気・高野秀行他
    ○藤沢ミステリーワールドへようこそ(宮部みゆき)
    ○神谷玄次郎に惚れこんで(児玉清)
    ○お福さまの色気(杉本章子)
    ○周平先生と私(佐伯泰英)
    〇藤沢周平先生に教えられたこと(江夏豊)
    ○役者生活60年の集大成(北大路欣也)
    ○寅さんと藤沢周平さんの眼差し(山田洋次)
    〇青春時代劇のヒーローに挑んで(溝端淳平) など

    藤沢作品の魅力に様々な角度から迫ります。

藤沢周平のこころ (文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:文藝春秋(編)
発行年月日:2018/10/10
ISBN-10:4167911647
ISBN-13:9784167911645
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:474ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 藤沢周平のこころ (文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!