ポノック短編劇場 ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間(角川つばさ文庫) [新書]

販売休止中です

    • ポノック短編劇場 ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間(角川つばさ文庫) [新書]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
100000009003014446

ポノック短編劇場 ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間(角川つばさ文庫) [新書]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2018/08/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ポノック短編劇場 ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間(角川つばさ文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    お父さんとはぐれたカニの兄弟、カニーニとカニーノ。ふたりはお父さんを探して、初めての冒険に旅立つ。すると、恐ろしい“あいつ”があらわれて…!(「カニーニとカニーノ」より)そのほか、卵アレルギーをもつ少年シュンと母の愛といのちの物語「サムライエッグ」や、姿の見えない男の、孤独と闘いを描いた「透明人間」の三編を収録。「メアリと魔女の花」のスタジオポノックが贈る短編アニメーション映画のノベライズ!小学中級から。
  • 目次

    カニーニとカニーノ
    サムライエッグ
    透明人間
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    カニーニとカニーノ;サムライエッグ;透明人間
  • 出版社からのコメント

    この夏に読みたい、短編アニメ映画のノベライズ!
  • 内容紹介

    「カニーニとカニーノ」ちいさな兄弟ふたりが、勇気を出して家族を見つける冒険に出発!
    「サムライエッグ」実話を元にして作られた、卵アレルギーを持つ少年と母のきずなを描く、ちいさな勇者の物語。
    「透明人間」誰にも気づいてもらえない、ひとりぼっちの透明人間の孤独な闘い。
    ちいさな涙とやさしさは、3つの物語を通して、やがて大きな強さとなっていく。

    図書館選書
    「メアリと魔女の花」のスタジオポノックが送る、アニメ映画が小説に! 笑えて泣けて感動する三作品が一冊で楽しめるよ♪
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山室 有紀子(ヤマムロ ユキコ)
    実写映画脚本を中心に活躍。作品に『ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと』『あの日 起きたこと 東日本大震災 ストーリー311』(角川つばさ文庫、文章担当)ほか
  • 著者について

    スタジオポノック
    2015年4月15日設立されたアニメーション制作会社。
    2014年にスタジオジブリを退社したあと、プロデューサー西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ。「ポノック」とはクロアチア語で、「深夜0時」を意味し、新たな1日のはじまりの意味が込められている。スタジオ第1作目の長編アニメーション「メアリと魔女の花」では、スタジオジブリ出身のクリエイターやスタッフが多数参加している。

ポノック短編劇場 ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間(角川つばさ文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:スタジオポノック(作・絵)/山室 有紀子(文)
発行年月日:2018/08/30
ISBN-10:4046318295
ISBN-13:9784046318299
判型:B6
発売社名:KADOKAWA
対象:児童
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:132ページ
縦:18cm
その他:カニーニとカニーノ,サムライエッグ,透明人間
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA ポノック短編劇場 ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間(角川つばさ文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!