「働き方改革」の嘘―誰が得をして、誰が苦しむのか(集英社新書) [新書]
    • 「働き方改革」の嘘―誰が得をして、誰が苦しむのか(集英社新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年8月5日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003016010

「働き方改革」の嘘―誰が得をして、誰が苦しむのか(集英社新書) [新書]

価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年8月5日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2018/09/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「働き方改革」の嘘―誰が得をして、誰が苦しむのか(集英社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第二次安倍政権発足直後から論議が始まり、二〇一八年六月に国会で関連法が成立した「働き方改革」。その流れをつぶさに取材してきた著者が、この間の経緯と問題点をまとめるとともに、「誰が、何のために『改革』を言い出したのか」を明らかにする。なぜ、労働問題を所管する厚労省ではなく、経営者サイドに立つ経産省主導で進んできたのか。問題の多い「高プロ」にこだわる理由は何か。副業やクラウドワークを推奨し、雇用システムを流動化させようとする狙いとは?「働き方改革」という耳当たりのいいフレーズの「実像」をコンパクトに理解できる一冊!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 裁量労働制をめぐる欺瞞
    第1章 高度プロフェッショナル制度の罠
    第2章 働き方改革の実相
    第3章 日本的雇用の真の問題は何か
    第4章 雇用制度を変えるべきか
    第5章 海外事例から学ぶ
    第6章 これからの働き方のヒント
    エピローグ 幸せを基準とする働き方へ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    久原 穏(クハラ ヤスシ)
    1961年生まれ。東京新聞・中日新聞論説委員(経済社説)。84年、中日新聞社入社。高山支局、静岡総局などを経て、東京経済部で日銀、大蔵省(現・財務省)、財界などを担当。2001年からフランスに社費留学、02~05年パリ特派員。経済部デスクを経て11年から現職。日本労働ペンクラブ所属
  • 内容紹介

    本当の目的は「雇用の流動化」。2035年には「正社員」が消える?

    2013年の第二次安倍政権発足直後から論議が始まり、先日の国会で関連法案が成立した「働き方改革」。その流れをつぶさに取材してきた著者が、この間の経緯と問題点をまとめるとともに、「誰が、何のために『改革』を言い出したのか」を明らかにする。なぜ、労働問題を所管する厚労省ではなく、経営者サイドに立つ経産省主導で進んできたのか。問題の多い「高プロ」にこだわる理由は何か。副業やクラウドワークを推奨し、雇用システムを流動化させようとする狙いとは?「働き方改革」という耳当たりのいいフレーズの「実像」をコンパクトに理解できる一冊!

    【本文より】
    雇用保障の有無などによって「正社員」や「非正規社員」と区分することは意味を持たなくなる。さらに進んで、従業員と個人事業主(フリーランス)との境がますます曖昧になっていき、多くの人が複数の仕事をこなすことによって収入を形成することになるだろう――そんな近未来図を描いているのである。(中略)働き方改革のさらに先にある近未来は、働く人にとって幸せなユートピアになるのか、それとも一段と格差や貧困が渦巻くディストピアになってしまうのだろうか。

    【目次】
    プロローグ 裁量労働制をめぐる欺瞞
    第1章 高度プロフェッショナル制度の罠
    第2章 働き方改革の実相
    第3章 日本的雇用の真の問題は何か
    第4章 雇用制度を変えるべきか
    第5章 海外事例から学ぶ
    第6章 これからの働き方のヒント
    エピローグ幸せを基準とする働き方へ

    【著者プロフィール】
    久原 穏(くはら やすし)
    1961年生まれ。東京新聞・中日新聞論説委員(経済社説)。84年、中日新聞社入社。高山支局、静岡総局などを経て、東京経済部で日銀、大蔵省(現・財務省)、財界などを担当。2001年からフランスに社費留学、02~05年パリ特派員。経済部デスクを経て11年から現職。共著に「『IT革命』の現実」(東京新聞経済部編)など。

「働き方改革」の嘘―誰が得をして、誰が苦しむのか(集英社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:久原 穏(著)
発行年月日:2018/09/19
ISBN-10:4087210480
ISBN-13:9784087210484
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:235ページ
縦:18cm
横:11cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 「働き方改革」の嘘―誰が得をして、誰が苦しむのか(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!