危機介入の箱庭療法―極限状況の子どもたちへのアウトリーチ [単行本]
    • 危機介入の箱庭療法―極限状況の子どもたちへのアウトリーチ [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003023318

危機介入の箱庭療法―極限状況の子どもたちへのアウトリーチ [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2018/10/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

危機介入の箱庭療法―極限状況の子どもたちへのアウトリーチ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    心理療法の創始者たちの理想に立ち返り、世界中の危機的状況にあるコミュニティで深刻なトラウマを抱えた子どもたちに試行してきた独自の箱庭療法の事例を紹介する。訓練された専門家が不足し、設備が整わない環境下でも、イメージを扱う箱庭療法の特徴を最大限に生かし、効果的な心理的援助を可能にした単抜な方法論の実践記録。
  • 目次

    [目次]

    監訳者まえがき
    日本語版序文

    序論
    第1章 精神分析の社会的側面――フロイトの無料診療所
    第2章 分析心理学の文化横断的構想―カール・グスタフ・ユングと遊び
    第3章 マーガレット・ローエンフェルトの世界技法とドラ・カルフの箱庭療法
    第4章 極限状況における心理療法
    第5章 心的トラウマと心の回復
    第6章 箱庭表現法
    第7章 南アフリカでの実践
    第8章 中国での実践
    第9章 コロンビアでの実践
    第10章 箱庭表現法プロジェクトの実践手引き

    文献
    索引
    訳者解題
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ゾーヤ,エヴァ・パティス(ゾーヤ,エヴァパティス/Zoja,Eva Pattis)
    1952年生。イタリア在住の臨床心理学者。ユング派分析家。ウィーンでユング派の訓練を受け、オーストリア分析心理学協会(¨Osterreichische Gesellschaft f¨ur Analytische Psychologie)の創設に携わる。イタリア・ミラノで個人開業。チューリッヒのユング・インスティテュート、ニューヨークのユング・ファウンデーションで教鞭を執る。現在、南アフリカ、中国、コロンビア、アルゼンチンで国際箱庭表現法協会の実践を行う

    河合 俊雄(カワイ トシオ)
    1957年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。PhD.(チューリッヒ大学)、ユング派分析家、臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター長・教授。専攻は臨床心理学

    小木曽 由佳(オギソ ユカ)
    1983年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)、臨床心理士。日本学術振興会特別研究員PDなどを経て、東京大学学生相談ネットワーク本部特任助教
  • 出版社からのコメント

    心理療法の創始者たちが思い描いていた社会的ヴィジョンを振り返り、世界中で試行してきた独自の箱庭療法の事例を紹介する。
  • 内容紹介

    心理療法の創始者たちが思い描いていた社会的ヴィジョン、そして彼らの熱意と理想を振り返りながら、世界中の危機的状況にあるコミュニティで深刻なトラウマを抱えた子どもたちに試行してきた独自の箱庭療法の事例を紹介する。南アフリカのスラム街から中国の大地震の被災地、コロンビアの紛争地域まで、訓練された専門家が不足し、設備が整わない環境下でも、イメージという非言語的プロセスに関わる箱庭療法の特徴を最大限に生かし、効果的な心理的援助を可能にした卓抜な方法論の実践記録。「本書に突きつけられている大きな問いは、次のようなものである。社会的な貧困状況において、心理療法は本当に役に立つのか。安全な住居や食糧、学校教育を確保せずして、心理的介入は許されないのか。栄養不良の子どもに心理療法から手を差し伸べられることはないか……。このような問題意識が、本書の扱うプロジェクト全体に通底している。」(本文より)
  • 著者について

    エヴァ・パティス・ゾーヤ (エヴァ パティス ゾーヤ)
    エヴァ・パティス・ゾーヤ(Eva Pattis Zoja)
    1952年生。イタリア在住の臨床心理学者。ユング派分析家。ウィーンでユング派の訓練を受け、オーストリア分析心理学協会(Osterreichische Gesellschaft fur Analytische Psychologie)の創設に携わる。イタリア・ミラノで個人開業。チューリッヒのユング・インスティテュート、ニューヨークのユング・ファウンデーションで教鞭を執る。現在、南アフリカ、中国、コロンビア、アルゼンチンで国際箱庭表現法協会の実践を行う。著書は、Abortion: Loss and Renewal in the Search for Identity(Routledge, 1997)、Traume in Klassenzimmer erzahlen: Eine praktische Anleitung fur die Traumstunde(Psychosozial Verlag, 2017)ほか多数。

    河合 俊雄 (カワイ トシオ)
    河合俊雄(かわい・としお)
    1957年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。PhD.(チューリッヒ大学)、ユング派分析家、臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター長・教授。専攻は臨床心理学。著書に『ユング――魂の現実性』(講談社、1998年)、『心理臨床の理論』(岩波書店、2000年)、『村上春樹の「物語」』(新潮社、2011年)、『発達障害への心理療法的アプローチ』(編著、創元社、2010年)、『ユング派心理療法』(編著、ミネルヴァ書房、2013年)、『思想家河合隼雄』(共編著、岩波書店、2009年)、『発達の非定型化と心理療法』(共編著、創元社、2016年)など。

    小木曽 由佳 (オギソ ユカ)
    小木曽由佳(おぎそ・ゆか)
    1983年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)、臨床心理士。日本学術振興会特別研究員PDなどを経て、現在、東京大学学生相談ネットワーク本部特任助教。著書に『ユングとジェイムズ──個と普遍をめぐる探求』(創元社、2014年)、訳書に『ユング伝記のフィクションと真相』(共訳、創元社、2011年)、『死にゆく人と共にあること──マインドフルネスによる終末期ケア』(共訳、春秋社、2015年)、論文“The Red Book and Psychological Types: A Qualitative Change of Jung’s Typology,”Analytical Psychology in a Changing World: The Search for Self, Identity and Community(Routledge, 2014)ほか。

危機介入の箱庭療法―極限状況の子どもたちへのアウトリーチ の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:エヴァ・パティス ゾーヤ(著)/河合 俊雄(監訳)/小木曽 由佳(訳)
発行年月日:2018/10/20
ISBN-10:4422116908
ISBN-13:9784422116907
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:292ページ
縦:21cm
その他: 原書名: Expressive Sandarbeit:Eine Methode psychologischer Intervention in Katastrophengebieten und extremen sozialen Notlagen〈Zoja,Eva Pattis〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 危機介入の箱庭療法―極限状況の子どもたちへのアウトリーチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!