辺境メシ―ヤバそうだから食べてみた [単行本]
    • 辺境メシ―ヤバそうだから食べてみた [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月8日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003023663

辺境メシ―ヤバそうだから食べてみた [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月8日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2018/10/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

辺境メシ―ヤバそうだから食べてみた [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人類最後の秘境は食卓だった!食のワンダーランドへようこそ―辺境探検家がありとあらゆる奇食珍食に挑んだ、驚嘆のノンフィクション・エッセイ!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 アフリカ ゴリラを食った男の食浪漫
    2 南アジア 怪魚、水牛、密造酒…爆発だ!
    3 東南アジア 思わずトリップするワンダーフード
    4 日本 猛毒フグの卵巣から古来のワニ料理まで
    5 東アジア 絶倫食材に悶絶した日々
    6 中東・ヨーロッパ 臭すぎてごめんなさい
    7 南米 魔境へようこそ―
  • 出版社からのコメント

    ゴリラ肉、羊の金玉、巨大魚ピラルク、仰天絶倫食材……ヤバそうなものは何でも食べてみた! 抱腹絶倒の食の冒険ノンフィクション。
  • 内容紹介

    ヒキガエルジュース、ラクダ丼、水牛の脊髄炒め、サルの燻製脳味噌、元首狩り族の超熟納豆、古代粘土板せんべい、生羊肉ハンバーグ、胎盤餃子……
    辺境探検家がありとあらゆる奇食珍食に挑んだ、驚嘆のノンフィクション・エッセイ。

    ・ジャングルのゴリラ肉ってどんな味?
    ・恐怖のスパーリング・エイ料理ホンオ
    ・「世界最高のビールのつまみ」の意外すぎる正体
    ・“女性用絶倫食材”カエルの子宮の効果とは?
    ・トン族は「ヤギの糞のスープ」を食べる!?

    人類最後の秘境は食卓だった! 抱腹絶倒の〈食の冒険〉ノンフィクション決定版。

    目次
    Ⅰ アフリカ ゴリラを食った男の食浪漫
    Ⅱ 南アジア 怪魚、水牛、密造酒……爆発だ!
    Ⅲ 東南アジア 思わずトリップするワンダーフード
    Ⅳ 日本 猛毒フグの卵巣から古来のワニ料理まで
    Ⅴ 東アジア 絶倫食材に悶絶した日々
    Ⅵ 中東・ヨーロッパ 臭すぎてごめんなさい
    Ⅶ 南米 魔境へようこそ――
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高野 秀行(タカノ ヒデユキ)
    1966年、東京都生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学探検部所属時に執筆した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。2005年、『ワセダ三畳青春記』で酒飲み書店員大賞を受賞。2013年刊の『謎の独立国家ソマリランド』で講談社ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞

辺境メシ―ヤバそうだから食べてみた [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:高野 秀行(著)
発行年月日:2018/10/25
ISBN-10:4163909192
ISBN-13:9784163909196
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:311ページ
縦:19cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 辺境メシ―ヤバそうだから食べてみた [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!