探偵小説の黄金時代―現代探偵小説を生んだ作家たちの秘密 [単行本]
    • 探偵小説の黄金時代―現代探偵小説を生んだ作家たちの秘密 [単行本]

    • ¥5,060152ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003034631

探偵小説の黄金時代―現代探偵小説を生んだ作家たちの秘密 [単行本]

価格:¥5,060(税込)
ポイント:152ポイント(3%還元)(¥152相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:国書刊行会
販売開始日: 2018/10/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

探偵小説の黄金時代―現代探偵小説を生んだ作家たちの秘密 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一九三〇年、チェスタトンを会長に、クリスティー、セイヤーズ、バークリー、クロフツら、錚々たる顔ぶれが集い、英国探偵作家の親睦団体“ディテクション・クラブ”が発足した。作家同士の交流を深めつつ、リレー小説の企画やラジオ出演など、精力的な活動を行なったこのクラブは、二つの世界大戦の間に急速な発展を遂げた“探偵小説の黄金時代”そのものと言ってもよいだろう。本書は、現在も続く同クラブの公文書保管役に就任した作家マーティン・エドワーズが、文献資料と関係者への取材によって明らかにした“ディテクション・クラブ”草創期の歴史である。バークリー主催の晩餐会に端を発するクラブ創設に至る経緯、頭蓋骨の「エリック」に誓いを立てる伝説的な入会儀式、名作誕生の内幕、知られざる私生活から興味津々のゴシップまで、“黄金時代”の作家群像を多彩なエピソードをまじえて生き生きと描きだした、すべての探偵小説ファンに贈る話題作。アメリカ探偵作家クラブ賞(評論評伝部門)受賞。
  • 目次



      第一部 ありふれていない容疑者
    第 1 章 暗闇の儀式
    第 2 章 苦い罪
    第 3 章 吊るされた女に関する話
    第 4 章 サイレント・プールの謎
    第 5 章 フェビアンの鼻面にボリシェヴィキの魂
    第 6 章 犯罪学の拍車を着ける
    第 7 章 自分を苦しめる術

      第二部 ゲームの規則
    第 8 章 マフィアのお手本
    第 9 章 菌類の物語と人生の意味
    第10章 妻を始末する方法
    第11章 もっとも意外な人物
    第12章 世界一の広告

      第三部 逃避を求めて
    第13章 「人命はなにより軽い」
    第14章 戦争の残響
    第15章 殺人、服装倒錯、そして空中ブランコでの自殺
    第16章 魚袋の中の切断された頭部
    第17章 「性的倒錯って聞いたことがあります?」
    第18章 混乱を収拾する
    第19章 金づまりということ
    第20章 フロイトに傾倒するあまり、デモステネスをなおざりに

      第四部 警察への挑戦
    第21章 ロンドン警視庁との知恵比べ
    第22章 シュミーズがボイラーの後ろにあった理由
    第23章 トレント本当に最後の事件
    第24章 花崗岩の霊廟に埋葬された棺

      第五部 殺人の正当化
    第25章 〈血と誇り〉の彫られた短剣
    第26章 指先で世紀の大事件のへりにふれる
    第27章 殺人者の蒐集
    第28章 裁判官でも陪審員でもない、自分の良心

      第六部 最終ゲーム
    第29章 地上最高のゲーム
    第30章 有害な生き物の所業
    第31章 猥褻と言えるほど露骨
    第32章 同業者からの衝撃

      第七部 謎を解く
    第33章 殺人はいつまでも続く

    付録 ディテクション・クラブの規則と規約
    訳者あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    エドワーズ,マーティン(エドワーズ,マーティン/Edwards,Martin)
    イギリスのミステリ作家・評論家。1955年生まれ。“湖水地方ミステリ”シリーズなど約二十冊の長編、五十編以上の短編を発表。多数のアンソロジーを編纂、“ブリティッシュ・ライブラリー・クライム・クラシックス”叢書の監修、ディテクション・クラブと英国推理作家協会の公文書保管役も務める。現在、ディテクション・クラブ会長および英国推理作家協会会長。『探偵小説の黄金時代』(2015)でアメリカ探偵作家クラブ賞を受賞

    森 英俊(モリ ヒデトシ)
    1958年、東京都生まれ。早稲田大学政経学部卒業。ミステリ評論・翻訳家。主な編著書に『世界ミステリ作家事典/本格派篇』(国書刊行会。日本推理作家協会賞受賞)などがある

    白須 清美(シラス キヨミ)
    1969年、山梨県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。英米文学翻訳家
  • 出版社からのコメント

    セイヤーズ、クリスティーらが結成した〈ディテクション・クラブ〉から英国探偵小説黄金期の作家群像を描きMWA賞に輝いた話題作。
  • 内容紹介

    1930年、チェスタトンを会長とし、セイヤーズ、クリス
    ティー、バークリーら錚々たる顔ぶれが集まり、探偵
    作家の親睦団体〈ディテクション・クラブ〉が発足した。
    英国探偵小説黄金時代そのものと言っていい同クラブの
    歴史と作家たちの交流、フェアプレイの遵守を誓う入会
    儀式の詳細、リレー長篇出版などの活動、興味津々のゴ
    シップまで、豊富なエピソードによって生き生きと描き出し、
    MWA賞(研究・評伝部門)を受賞した話題作。図版多数の
    一大人物図鑑。
  • 著者について

    マーティン・エドワーズ (マーティンエドワーズ)
    Martin Edwards (1955~ )イギリスのミステリ作家・評論家。約20冊の長編、50編以上の短編を発表、英国推理作家協会(CWA)の最優秀短編賞を受賞した。多数のアンソロジーを編纂し、英国国立図書館の〈古典ミステリ〉シリーズの監修など、精力的に活動している。現在、ディテクション・クラブ会長および英国推理作家協会会長。

    森英俊 (モリヒデトシ)
    ミステリ評論家・翻訳家。編著書に『世界ミステリ作家事典〈本格派篇〉』(国書刊行会。第52回日本推理作家協会賞受賞)、『ミステリ美術館』(国書刊行会)、『少年少女昭和ミステリ美術館』(共編、平凡社)、訳書にJ・D・カー『帽子収集狂事件』(集英社)他。

    白須清美 (シラスキヨミ)
    翻訳家。訳書にアイルズ『被告の女性に関しては』(晶文社)、イーリイ『タイムアウト』(河出書房新社)、クェンティン『俳優パズル』(東京創元社)、C・ディクスン『パンチとジュディ』(早川書房)他。

探偵小説の黄金時代―現代探偵小説を生んだ作家たちの秘密 の商品スペック

商品仕様
出版社名:国書刊行会
著者名:マーティン エドワーズ(著)/森 英俊(訳)/白須 清美(訳)
発行年月日:2018/10/25
ISBN-10:4336063001
ISBN-13:9784336063007
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:157ページ ※125,7,25P
縦:22cm
横:16cm
厚さ:3cm
重量:728g
その他: 原書名: THE GOLDEN AGE OF MURDER:The Mystery of the Writers Who Invented the Modern Detective Story〈Edwards,Martin〉
他の国書刊行会の書籍を探す

    国書刊行会 探偵小説の黄金時代―現代探偵小説を生んだ作家たちの秘密 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!