日銀日記―五年間のデフレとの闘い [単行本]
    • 日銀日記―五年間のデフレとの闘い [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003042468

日銀日記―五年間のデフレとの闘い [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2018/10/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日銀日記―五年間のデフレとの闘い [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    消費税増税、経済音痴の政治家、誤解だらけのマスコミ…リフレの敵とはなんだったのか?元日銀副総裁が語る本音。実録!日本経済の転換点。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 異次元の「量的・質的金融緩和政策」の船出
    第2章 想定通りに展開した「量的・質的金融緩和」最初の一年
    第3章 消費税増税で壊れた「リフレ・レジーム」
    第4章 「経済音痴」の民主党国会議員の対応に追われる日々
    第5章 逆風に抗して、金融政策の転換
    第6章 デフレ完全脱却のための「リフレ・レジーム」の再構築
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岩田 規久男(イワタ キクオ)
    1942年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院単位取得満期退学。学習院大学経済学部教授などを経て、2013年4月から五年間、日銀副総裁を務める。学習院大学名誉教授。専門は、金融論・都市経済学
  • 出版社からのコメント

    なんとしてでもデフレから脱却する! 日本経済を復活させるため日銀副総裁を務めた経済学者が、歴史的転換点を克明につづる。
  • 内容紹介

    日本経済をここまでダメにしたのは誰か? デフレから脱却し、経済成長を達成するべく、日銀副総裁を務めた経済学者による5年間の記録。歴史的転換点に立ち会え。

日銀日記―五年間のデフレとの闘い [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:岩田 規久男(著)
発行年月日:2018/10/30
ISBN-10:4480864598
ISBN-13:9784480864598
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:427ページ
縦:20cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 日銀日記―五年間のデフレとの闘い [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!