裁判官・学者の生活と意見 [単行本]
    • 裁判官・学者の生活と意見 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003047910

裁判官・学者の生活と意見 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2018/11/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 108603位

裁判官・学者の生活と意見 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    鋭利な批評が“時代の本質”をえぐる!『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』等で知られる法律家は、いかに自由な批判精神を獲得したのか?自由主義者としてリベラルアーツの神髄を体得した著者による、書き下ろし社会派エッセイ。
  • 目次

    Ⅰ 裁判官から学者へ
    Ⅱ 自由主義者、経験論者、運命論者
    Ⅲ 芸術との対話
    Ⅳ 書くこととその意味
    Ⅴ 痛みがあって、やがて傷をみつける
    Ⅵ 鶴見俊輔さんの思想とその思い出
    Ⅶ 傾きゆくアメリカから日本をみつめて  
    Ⅷ 変わりゆく世界の中で
  • 内容紹介

    明治大学教授、元裁判官として『絶望の裁判所』等で司法を痛烈に批判し、また、城山三郎賞を受賞し文章家としても知られる著者が、初めて自己のすべてを赤裸々に明らかにする社会派エッセイ。各章の内容は、①両親との激しい確執、②裁判官という仕事を選び、後に研究に打ち込んで学者に転身した動機、③自由主義・経験論・運命論を軸とする自己の思想、④左派の現状に対する批判、⑤著者に執筆を勧めた高名な哲学者鶴見俊輔氏の鮮烈な思い出、⑥著者が目撃した凋落著しいアメリカ社会の現状とそれを踏まえての日本への提言、⑦書くことの意味や芸術と狂気との関係に関する考察等、現在の日本・日本人に対する示唆に満ちている。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    瀬木 比呂志(セギ ヒロシ)
    1954年、名古屋市生まれ。東京大学法学部卒。1979年以降、裁判官。東京地裁、最高裁等に勤務。2012年、明治大学教授に転身。専門は民事訴訟法、法社会学。著書には、関根牧彦の筆名による四冊の書物、五冊の専門書主著がある。『ニッポンの裁判』により第二回城山三郎賞を受賞
  • 著者について

    瀬木比呂志 (セギヒロシ)
    1954年名古屋市生まれ。東京大学法学部卒。1979年以降裁判官。東京地裁、最高裁等に勤務。2012年明治大学教授に転身。専門は民事訴訟法、法社会学。在米研究2回。著書には、『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』(各講談社現代新書)『リベラルアーツの学び方』(ディスカヴァー21)『黒い巨塔 最高裁判所』(講談社)、関根牧彦の筆名による4冊の書物、また、『民事訴訟の本質と諸相』『民事保全法』(各日本評論社)等5冊の専門書主著がある。『ニッポンの裁判』により第2回城山三郎賞を受賞。

裁判官・学者の生活と意見 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:瀬木 比呂志(著)
発行年月日:2018/11/30
ISBN-10:4768458424
ISBN-13:9784768458426
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:301ページ
縦:19cm

    現代書館 裁判官・学者の生活と意見 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!