入門複素関数 [単行本]
    • 入門複素関数 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年7月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
入門複素関数 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003049106

入門複素関数 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年7月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日: 2018/11/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

入門複素関数 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    実数の微分積分学から、複素数の微分積分学へ。類似と相違をつねに意識し、理解と記憶をサポート。既知の概念(指数関数、微分係数、定積分…)が複素数に拡張されていく様子が、豊かな視覚的表現と確かな数学的表現で語られる。大学の教程で標準的な「留数定理」と「実関数の積分への応用」、発展的な「ルーシェの定理」まで、デリケートな「一様収束」や「べき級数」の一般論(これらは付録で扱う)は避けながら、理論的に自己完結するスタイルも新しい。
  • 目次

    1.複素数と指数関数
     1.1 複素数と複素平面
     1.2 オイラーの公式と指数関数
     1.3 対数と複素数べき
     1.4 三角関数
     章末問題

    2.複素関数の微分
     2.1 複素平面内の集合
     2.2 複素関数の極限
     2.3 複素関数の連続性
     2.4 複素関数の微分
     2.5 正則関数
     2.6 コーシー・リーマンの方程式
     2.7 微分係数とヤコビ行列(定理2.8の証明)
     章末問題

    3.複素線積分
     3.1 複素関数の積分
     3.2 複素線積分の計算
     3.3 コーシーの積分定理
     3.4 コーシーの積分公式
     3.5 リューヴィルの定理と代数学の基本定理
     章末問題

    4.留数定理
     4.1 テイラー展開
     4.2 ローラン展開
     4.3 留数定理
     4.4 実関数の積分への応用
     章末問題

    5.正則関数の諸性質
     5.1 モレラの定理と原始関数
     5.2 一致の定理
     5.3 最大値原理
     5.4 偏角の原理とルーシェの定理
     5.5 リーマン球面とメビウス変換
     章末問題


    付録A 微分積分学の重要事項
     A.1 連続関数と最大値・最小値の存在定理
     A.2 2次元写像の偏微分・ヤコビ行列

    付録B ε - δ 論法による複素関数論
     B.1 数列と級数の極限
     B.2 関数の極限,連続性,積分の存在
     B.3 関数の一様収束と微分・積分
     B.4 項別微分と項別積分

    付録C べき級数と正則関数の局所理論
     C.1 べき級数の収束性と微分積分
     C.2 テイラー展開とローラン展開
     C.3 正則関数の局所的性質

    章末問題の解答
    索引
  • 出版社からのコメント

    オリジナルの図を多数掲載した入門書。既知の概念が複素数に拡張されていく様子が、豊かな視覚的表現と確かな数学的表現で語られる。
  • 内容紹介

    ◆ 実数の微分積分学から、複素数の微分積分学へ ◆

     類似と相違をつねに意識し、理解と記憶をサポート。既知の概念(指数関数、微分係数、定積分…)が複素数に拡張されていく様子が、豊かな視覚的表現と確かな数学的表現で語られる。
     大学の教程で標準的な「留数定理」と「実関数の積分への応用」、発展的な「ルーシェの定理」まで、デリケートな「一様収束」や「べき級数」の一般論(これらは付録で扱う)は避けながら、理論的に自己完結するスタイルも新しい。

    【特徴】
    ● ギャップの少ない丁寧な計算、丁寧な論証。
    ● 重要な式やポイントが目に飛び込む、見やすいレイアウト。
    ● 読者の視覚と直観に訴える、オリジナルの図を多数掲載。
    ● 付録では、ε - δ 論法を用いた「一様収束」および「べき級数」の一般論を展開。理論に興味のある読者も参照しやすい。

     複素関数の世界を鮮やかに展開した、待望のテキストがいまここに。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    川平 友規(カワヒラ トモキ)
    東京工業大学理学院数学系准教授。博士(数理科学)。専門は複素解析、複素力学系理論
  • 著者について

    川平 友規 (カワヒラトモキ)
    東京工業大学理学院数学系准教授、博士(数理科学)。専門は複素解析、複素力学系理論。

入門複素関数 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:川平 友規(著)
発行年月日:2019/02/01
ISBN-10:4785315792
ISBN-13:9784785315795
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
言語:日本語
ページ数:233ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:308g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 入門複素関数 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!