女人追憶〈12〉(Classic Revival) [単行本]
    • 女人追憶〈12〉(Classic Revival) [単行本]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003050836

女人追憶〈12〉(Classic Revival) [単行本]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2018/12/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

女人追憶〈12〉(Classic Revival) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新居の昭和荘に移った真吾の周辺では常に騒動が起こっていた。同じ階の金杉の恋人・あゆ子や、階下の人妻・時江からも誘惑されるがなんとか逃れ、改めて東京にはいろいろな人間がいることを痛感する。―そしてまた夏、郷里に帰る真吾は駅で同級生の岡本と偶然一緒になり、車内で知り合った春絵に誘われて彼女の実家がある瀬戸内の島に立ち寄るため途中下車をする。夏の島には濃厚なアバンチュールが待っていた。
  • 内容紹介

    夏の島へ――旅先は淫らなアバンチュール

    昭和荘に移った真吾の周辺には、つねに多くのドラマが発生し、騒動が起こっていた。同じ階の金杉の恋人あゆ子や、階下の人妻・時江から誘惑されるもなんとか逃れ、改めて東京にはいろいろな人間がいることを実感するとともに、その刺激を面白くも思うのだった。部屋には、かつての下宿先の未亡人ちえや東京での性のパートナー明美も訪れたが、ついにはちえの娘で中学一年生の雪子も遊びに来ることに。雪子を欲望の世界に導いてしまったことを悔やんでいる真吾は無難に切り抜けようとするが、雪子は部屋で二人きりになることを望む。雪子の積極性にある痛々しさを覚えながらも、その青い果実に情欲をそそられてしまうのであった。そしてまた夏――。郷里に帰る真吾は駅で同級生の岡本と偶然一緒になり、車内では相席となった男女と話がはずむ。男はブローカーで、女は夏休み明けからある商売に身を投ずるという春絵。彼女に誘われて、二人はその実家がある瀬戸内の島に立ち寄るため途中下車をする。島では若い未亡人のあまりある接待や春絵の情熱的な誘惑、そして広島から来ていた女性三人組との濃厚なアバンチュールが待っていた。

    図書館選書
    昭和荘に移った真吾の周辺ではつねに騒動が巻き起こる。新居にはちえや明美も訪ねてきたが、中学一年の雪子まで遊びに来てしまう。そして夏――帰省途中で寄った瀬戸内の島では、濃厚なアバンチュールが待っていた。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    富島 健夫(トミシマ タケオ)
    1931年10月25日‐98年2月5日。31年当時、日本領だった朝鮮京畿道生まれ。早稲田大学・仏文学科卒。53年『喪家の狗』が芥川賞の候補作に。河出書房に勤務しながら『黒い河』を書き下ろし同社からデビュー

女人追憶〈12〉(Classic Revival) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:富島 健夫(著)
発行年月日:2018/12/15
ISBN-10:4093531188
ISBN-13:9784093531184
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:569ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 女人追憶〈12〉(Classic Revival) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!