夫婦で歩いた538キロ!中山道トコトコ歩き [単行本]
    • 夫婦で歩いた538キロ!中山道トコトコ歩き [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003051055

夫婦で歩いた538キロ!中山道トコトコ歩き [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:合同フォレスト
販売開始日: 2018/11/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

夫婦で歩いた538キロ!中山道トコトコ歩き [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    お江戸日本橋から京都三条大橋まで、夫婦で歩いた1年2か月の旅の記録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    日本橋―1964年の東京オリンピックが日本橋に遺した負の遺産
    板橋―中山道最初の宿場町にある本陣跡と、歴史遺産の一里塚
    蕨―宿場町の名残を色濃く残す情趣たっぷりの町並み
    浦和―日本で最後の“仇討ち”が行われた「一本杉」
    大宮―中山道随一の規模を誇る大宮宿なのに、本陣跡がない!?
    上尾―孝女?それとも遊女?薄幸の美少女のお墓の不思議
    桶川―中山道の面影がそこかしこに残る日本有数の紅花の産地
    鴻巣―コウノトリ伝説に由来する鴻巣から、妻の思い出の地へ
    熊谷―デパートの中を中山道が通る!?こんなことがあっていいのか
    深谷―酒蔵とレンガの町に東京駅を思わせる豪華な駅舎〔ほか〕
  • 内容紹介

    元美術教師と妻が、中山道538キロを踏破した旅の記録。
    1年2か月に及んだ徒歩の旅を、豊富な写真とスケッチで綴る。
    汗と涙、出会いと別れを繰り返しながら、ゴールをめざす2人。
    そして京都三条大橋で待っていた感動のフィナーレ…。
    四季折々の中山道の魅力が詰まった一冊!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池田 充宏(イケダ ミツヒロ)
    1943年東京都板橋区生まれ。1969年11月結婚。教職に携わりながら、人形劇団「どじょっこ」の活動に参加。家族5人で「人形劇団ともだち」を結成。退職後、自宅を開放して「ギャラリー・パレット」を開く。現在、パレットは「地域の医療生協の活動」「浦和北9条の会事務局」「地域の人たちの『うたごえ』」「映画鑑賞を楽しむ会」「囲碁を楽しむ会」「埼玉平和美術の会の諸活動」ほか、地域の人たちが暮らしやすくするために活動をしている人たちの拠点のひとつになっている

    池田 純子(イケダ ジュンコ)
    1947年埼玉県吹上町生まれ。1969年11月結婚。教職に携わりながら、人形劇団「どじょっこ」の活動に参加。家族5人で「人形劇団ともだち」を結成。その後、教職を退き「画材の店・パレット」を開き、浦和近在の絵を描く人と交流。夫の退職を機に画材店を閉じ、地域の交流センターとして、自宅を開放して「ギャラリー・パレット」を開く。現在、パレットは「地域の医療生協の活動」「浦和北9条の会事務局」「地域の人たちの『うたごえ』」「映画鑑賞を楽しむ会」「囲碁を楽しむ会」「埼玉平和美術の会の諸活動」ほか、地域の人たちが暮らしやすくするために活動をしている人たちの拠点のひとつになっている

夫婦で歩いた538キロ!中山道トコトコ歩き [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:合同フォレスト
著者名:池田 充宏(著)/池田 純子(著)
発行年月日:2018/11/30
ISBN-10:4772661255
ISBN-13:9784772661256
判型:規大
発売社名:合同出版
対象:一般
発行形態:単行本
内容:旅行
言語:日本語
ページ数:159ページ
縦:31cm
他の合同フォレストの書籍を探す

    合同フォレスト 夫婦で歩いた538キロ!中山道トコトコ歩き [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!