カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) [単行本]
    • カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003053025

カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日:2018/11/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 84941位

カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    幕末維新は単なる断絶ではない。そこには近世から流れる文化的水脈があった―。「廃仏毀釈」「世直し」「民衆宗教」「キリシタン禁制」「攘夷」「伊勢神宮」など時代を彩るキーワードに焦点を当てつつ、思想・宗教の側面から幕末維新期を再考。維新150年を越えて、文化史の視座から近世と近代の架橋を試みた野心的な研究入門書。
  • 目次

    はじめに(桐原健真)
      コラム 明治百年と一九六八年の宗教界(大澤広嗣)

    第Ⅰ部 維新とカミとホトケの語り
     神仏分離研究の視角をめぐって(上野大輔)
      コラム 孔子の変貌――儒学と明治日本(桐原健真)
     日本宗教史学における廃仏毀釈の位相(オリオン・クラウタウ)
      コラム 廃仏毀釈と文化財(碧海寿広)
     「世直し」の再考察
         ――宗教史的観点から――(三浦隆司)
      コラム 宗門檀那請合之掟(朴澤直秀)
     「民衆宗教」は誰を語るのか
         ――「民衆宗教」概念の形成と変容――(青野 誠)
      コラム 維新は迎えられずとも――烏伝神道の断絶と「民衆」(青野 誠)

    第Ⅱ部 新たな視座からみた「維新」
     幕末護法論と儒学ネットワーク
         ――真宗僧月性を中心に――(岩田真美)
      コラム 勤王・護法の実践――真言宗の勤王僧(髙橋秀慧)
     排耶と攘夷
         ――幕末宗教思想における後期水戸学の位相――(桐原健真)
      コラム 京坂「切支丹」一件(松金直美)
     維新前後の日蓮宗にみる国家と法華経
         ――小川泰堂を中心に――(ジャクリーン・ストーン)
      コラム 仏教教導職の教化活動(芹口真結子)
     明治維新にみる伊勢神宮
         ――空間的変貌の過程――(ジョン・ブリーン)
      コラム 幕末京都の政治都市化と寺院(髙橋秀慧)

    第Ⅲ部 カミとホトケにおける「維新」の射程
     幕末維新期のキリスト教という「困難」(星野靖二)
      コラム 幕末維新のキリスト教伝道(落合建仁)
     幕末/明治前期の仏書出版(引野亨輔)
      コラム 絶対的創造神への批判――釈雲照のキリスト教観①(舩田淳一)
     仏教天文学を学ぶ人のために
         ――佐田介石と幻の京都「梵暦学校」が意味するもの――(谷川 穣)
      コラム 天主とは何者か――釈雲照のキリスト教観②(舩田淳一)
     社寺領上知令の影響
         ――「境内」の明治維新――(林  淳)
      コラム 明治は遠くなりにけり――明治仏教史編纂所のこと(大谷栄一)

     あとがき(岩田真美)
    執筆者紹介
  • 出版社からのコメント

    時代を彩るキーワードに焦点を当て、思想・宗教の側面から幕末維新期を再考。維新150年を越え、近世と近代の架橋を試みた野心作!
  • 内容紹介

    幕末維新は単なる断絶ではない。そこには近世から流れる文化的水脈があった――。

     「神仏分離」「廃仏毀釈」「世直し」「民衆宗教」「キリシタン禁制」「攘夷」「護法論」「伊勢神宮」「上知令」など、幕末維新期を彩るキーワードに焦点を当て、思想・宗教の側面から幕末維新期を再考。明治維新から150年を経て、文化史の視座から近世と近代の架橋を試み、近世・近代を分断する「断絶点」として幕末維新期を捉える教科書的なイメージの覆しを試みた野心的研究入門書!

    ******************
    進歩史観に対する反省を念頭に置きつつ、幕末維新期に断絶性だけではなく連続性をも見出そうという本書の視座は、したがって近世の知的営為のうちに近代の萌芽を見出すことを目的とするようなものではない。本書は、そうした近代化論的な視座に立つのではなく、むしろ近代といわれている時代のなかに、近世的な世界観や思惟様式がいかに継承あるいは展開されていったのかを、思想・宗教の面から問うものなのである。(「はじめに」より)
    ******************

    執筆者(五十音順):青野誠/岩田真美/上野大輔/大澤広嗣/大谷栄一/碧海寿広/落合建仁/桐原健真/オリオン・クラウタウ/ジャクリーン・ストーン/芹口真結子/髙橋秀慧/谷川穣/林淳/引野亨輔/舩田淳一/ジョン・ブリーン/朴澤直秀/星野靖二/松金直美/三浦隆司
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岩田 真美(イワタ マミ)
    1980年生まれ。専攻は真宗学(教学史)。龍谷大学文学部准教授

    桐原 健真(キリハラ ケンシン)
    1975年生まれ。専攻は近代日本倫理思想史。金城学院大学文学部教授
  • 著者について

    岩田 真美 (イワタ マミ)
    岩田真美(いわた まみ)1980年生まれ。専攻は真宗学。龍谷大学文学部准教授。主な論文に「幕末期西本願寺と『仏法護国論』をめぐって――月性「護法意見封事」との相違について」(『仏教史学研究』53巻2号、2011年)がある。

    桐原 健真 (キリハラ ケンシン)
    桐原健真(きりはら けんしん)1975年生まれ。専攻は近代日本倫理思想史。金城学院大学教授。主な著書に『松陰の本棚――幕末志士たちの読書ネットワーク』(吉川弘文館、2016年)がある。

カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:岩田 真美(編)/桐原 健真(編)
発行年月日:2018/11/15
ISBN-10:4831855553
ISBN-13:9784831855558
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:383ページ
縦:21cm
厚さ:2cm
重量:576g

    法蔵館 カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界(龍谷叢書〈46〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!