ホロコーストとアメリカ―ユダヤ人組織の支援活動と政府の難民政策 [単行本]
    • ホロコーストとアメリカ―ユダヤ人組織の支援活動と政府の難民政策 [単行本]

    • ¥5,060152ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003060308

ホロコーストとアメリカ―ユダヤ人組織の支援活動と政府の難民政策 [単行本]

価格:¥5,060(税込)
ポイント:152ポイント(3%還元)(¥152相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2018/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ホロコーストとアメリカ―ユダヤ人組織の支援活動と政府の難民政策 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ナチス・ドイツによるホロコーストはユダヤ人の生命を奪っただけでなく、宗教や文化などあらゆる「ユダヤ的なもの」を破壊した。その結果、数千のユダヤ人コミュニティが消滅し、1億冊以上の書籍が失われた。ユダヤ人の犠牲は600万にのぼり、これはヨーロッパ大陸のユダヤ人人口全体の実に72パーセント以上にあたる。しかし、国際社会は絶望の淵に追い込まれたユダヤ人の運命に非情であった。国家が頼りにならなければ、自分たちで不幸な難民を救うしかない。19世紀以来、欧米諸国にはユダヤ人の救援組織がつぎつぎと誕生し、国際的な絆で結ばれていた。そのひとつ、第一次世界大戦を機に発足したアメリカ・ユダヤ人合同配分委員会(「ジョイント」)が、ナチス支配下で苦悩する同胞を救うため、すべての組織、資金、人材を動員する。そのスタッフは戦乱の地に派遣され、身の危険を顧みずに救済活動をおこなった。しかし、彼らの行く手には国益と官僚主義の壁が立ちはだかる。本書は、危機の時代における「ジョイント」と、そのひとりの女性ソーシャルワーカーの活動に焦点をあてながら、ユダヤ難民の辿ってきた道のりを詳細に跡づける。
  • 目次

    序章 ホロコーストへの道
    一 ホロコーストとは何か
    二 最終解決へ
    三 本書の視点

    第1章 難民はアメリカをめざす
    一 アメリカの移民問題
    二 制限的移民法の成立
    三 ユダヤ難民とアメリカ
    四 ユダヤ系団体の救援活動

    第2章 危機の時代とアメリカのユダヤ人
    一 ジョイント
    ニ ナチ政権の登場とアメリカのユダヤ人
    三 マーゴリス家の人びと
    四 アメリカのマーゴリス

    第3章 ドイツの反ユダヤ政策とアメリカ政府の対応
    一 エヴィアン会議
    二 政府間難民委員会とドイツ側の交渉
    三 ユダヤ人はどこへ向かうのか
    四 アメリカ入国の壁

    第4章 セントルイス号の悲劇
    一 キューバ
    二 悲劇の豪華客船
    三 交渉決裂
    四 新世界と旧世界

    第5章 戦時下のジョイント
    一 第二次世界大戦の勃発
    二 中国のユダヤ難民
    三 マーゴリスの上海派遣
    四 開戦と上海のユダヤ難民
    五 指定地区

    第6章 解放の年
    一 解放
    二 活動再開
    三 大戦後のジョイントの救援活動
    四 イスラエルへ

    終章 なぜアウシュヴィッツは爆撃されなかったのか
    一 アウシュヴィッツ
    ニ アメリカ政府とユダヤ人社会
    三 ローズヴェルト大統領の評価
    四 ベルリン、1998年

    註記
    あとがき

    図版出典一覧
    略語一覧
    事項索引
    人名索引
  • 出版社からのコメント

    ナチス・ドイツを逃れて自由の国に入ろうとするユダヤ人移民に、アメリカはどう対応したか。その真実の諸相を描く実証研究=物語。
  • 内容紹介

    ナチス・ドイツによるホロコーストはユダヤ人の生命を奪っただけでなく、宗教や文化などあらゆる「ユダヤ的なもの」を破壊した。その結果、数千のユダヤ人コミュニティが消滅し、1億冊以上の書籍が失われた。ユダヤ人の犠牲は600万にのぼり、これはヨーロッパ大陸のユダヤ人人口全体の実に72パーセント以上にあたる。
    しかし、国際社会は絶望の淵に追い込まれたユダヤ人の運命に非情であった。ユダヤ人の祖国パレスチナを委任統治するイギリスは、彼らの入国を厳しく制限した。アメリカは制限的移民法を改正し、門戸を広く開放するつもりはなかった。この両国だけでも政策を見直していれば、多数の人命が失われずにすんだ。
    国家が頼りにならなければ、自分たちで不幸な難民を救うしかない。19世紀以来、欧米諸国にはユダヤ人の救援組織がつぎつぎと誕生し、国際的な絆で結ばれていた。そのひとつ、第一次世界大戦を機に発足したアメリカ・ユダヤ人合同配分委員会(「ジョイント」)が、ナチス支配下で苦悩する同胞を救うため、すべての組織、資金、人材を動員する。そのスタッフは戦乱の地に派遣され、身の危険を顧みずに救済活動をおこなった。しかし、彼らの行く手には国益と官僚主義の壁が立ちはだかる。
    本書は、危機の時代における「ジョイント」と、そのひとりの女性ソーシャルワーカーの活動に焦点をあてながら、ユダヤ難民の辿ってきた道のりを詳細に跡づける。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    丸山 直起(マルヤマ ナオキ)
    1942年、長野県生まれ。1965年、早稲田大学政経学部卒業、1973年、一橋大学大学院単位取得退学。小樽商科大学、国際大学、明治学院大学で教える。明治学院大学名誉教授、法学博士(一橋大学)。専門は国際政治学・東アジアのユダヤ史
  • 著者について

    丸山直起 (マルヤマナオキ)
    1942年、長野県生まれ。1965年、早稲田大学政経学部卒業、1973年、一橋大学大学院単位取得退学。小樽商科大学、国際大学、明治学院大学で教える。明治学院大学名誉教授。法学博士(一橋大学)。専門は国際政治学・外交史。主な著書に『ホロコーストとアメリカ』(みすず書房、2018)『太平洋戦争と上海のユダヤ難民』(法政大学出版局、2005)『ポスト冷戦期の国際政治』(共編、有信堂、1993)『アメリカのユダヤ人社会』(ジャパンタイムズ社、1990)『国際政治ハンドブック』(共編、有信堂、1984)など。

ホロコーストとアメリカ―ユダヤ人組織の支援活動と政府の難民政策 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:丸山 直起(著)
発行年月日:2018/12/14
ISBN-10:4622087340
ISBN-13:9784622087342
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:433ページ ※412,21P
縦:20cm
重量:555g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 ホロコーストとアメリカ―ユダヤ人組織の支援活動と政府の難民政策 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!