日本の貝629種―温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本(ネイチャーウォッチングガイドブック) [図鑑]
    • 日本の貝629種―温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本(ネイチャーウォッチングガイドブック) [図鑑]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年9月30日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003060434

日本の貝629種―温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本(ネイチャーウォッチングガイドブック) [図鑑]

〓重 博(解説・生態写真)武井 哲史(標本写真)
価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年9月30日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2019/01/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の貝629種―温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本(ネイチャーウォッチングガイドブック) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本の温帯域・浅海で見られる貝629種を収録。特徴や識別ポイントがわかる、各種貝の解説。紹介しているほぼすべての種に、海中の生態写真と標本写真を掲載。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    多板鋼(クサズリガイ科/ウスヒザラガイ科
    ケムシヒザラガイ科)
    腹足綱(ツタノハガイ科/コガモガイ科
    ヨメガカサガイ科 ほか)
    掘足鋼(ゾウゲツノガイ科
    シラサヤツノガイ科/クチキレツノガイ科)
    斧足綱(トマヤガイ科/モシオガイ科
    ツツガキ科/サザナミガイ科 ほか)
  • 出版社からのコメント

    日本で見られる貝の生態写真と標本写真を600余種全てに掲載した画期的な図鑑。普段見られない目、触覚等の写真は同定にも役立つ
  • 内容紹介

    【日本で見られる貝の生態写真と標本写真を600余種すべてに掲載した画期的な図鑑】

    多くの人にとって、貝といえば海のシンボルとしての美しい貝殻、または食材かもしれません。
    けれど、日本の近海には11万種ともいわれる多種多様な貝たちが住んでいます。

    本書では、本州中部温帯域を中心に、日本の海に生息する600余種をセレクトした「貝の図鑑」です。
    主に磯遊びや潮干狩り、スキュバーダイビングなどで観察可能な、海産の巻貝・二枚貝を紹介しています。

    この本の最大の特徴は、海中で生きているときの生態写真と、標本となる貝殻写真がほぼすべての種で掲載されていることです。
    生きた貝たちの海底での姿や生活をイメージしやすい作りにしました。
    なかなか普段は見ることのできない、殻口側や目、触覚などを生きている状態の写真をアップ目でも掲載してるので、
    同定の際にも使え資料的にも価値があります。

    海洋生物としての貝を、より立体的に知ることができる、新しい貝の図鑑です。

    ■目次
    はじめに
    貝の写真美術館
    貝のからだ 各部の名称
    各部の用語解説

    日本の貝図鑑629種
    多板鋼
    腹足鋼
    掘足鋼
    斧足鋼
    コラム:浮遊する貝類、深い深度の貝
    和名索引/学名索引
    参考文献

    ********************************************************
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    〓重 博(タカシゲ ヒロシ)
    1978年東京生まれ。都立大島南高等学校海洋科卒業。東海大学海洋学部海洋工学科卒業。磯採集や漁港採集により多くの貝類標本を収集。ダイビングを始めてからは収集活動は止め、海中での生態観察に励む。貝類本来の姿による図鑑作成を決意し、カメラを購入して水中撮影を開始。日本国内、本州温帯域を中心に1500種以上を撮影し、博物館や研究者へ資料提供している

    武井 哲史(タケイ サトシ)
    東京都世田谷区生まれ。第12回日本広告写真家協会「スキャンダル展」APA賞受賞。70年代後半より雑誌『anan』『popeye』『BRUTUS』他多数で活動。ファッション、インテリア、旅などあらゆる撮影を手がける
  • 著者について

    髙重 博 (タカシゲ ヒロシ)
    髙重 博(解説&生態写真):1978年東京生まれ。都立大島南高等学校海洋科卒業。東海大学海洋学部海洋工学科卒業。記憶が無いほど幼少の頃から海洋生物に関心を持ち、特に貝類に興味を示す。高校でダイビングを始めてから生態観察に励み、大学卒業後から水中での撮影を開始。現在、静岡産貝類を800種撮影し、博物館や研究者へ提供している。

    武井 哲史 (タケイ サトシ)
    武井 哲史(標本写真):旅の途中でタヒチ、ニューカレドニアに行き貝殻と出会う。ニューカレドニアでは、生きたオウムガイとニジェールに出会うが、その時は知識がなく手に入れるまでには至らなかった。タカラガイ(2009年、誠文堂新光社)、ウミウサギ(飯野剛編、2010年、誠文堂新光社)、美しすぎる世界の貝(誠文堂新光社、2015年)の撮影を手がける。

日本の貝629種―温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本(ネイチャーウォッチングガイドブック) の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:〓重 博(解説・生態写真)/武井 哲史(標本写真)
発行年月日:2019/01/21
ISBN-10:441651834X
ISBN-13:9784416518342
判型:A5
対象:実用
発行形態:図鑑
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:383ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 日本の貝629種―温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本(ネイチャーウォッチングガイドブック) [図鑑] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!