ル・コルビュジエと近代絵画―二〇世紀モダニズムの道程 [単行本]
    • ル・コルビュジエと近代絵画―二〇世紀モダニズムの道程 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月2日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003062294

ル・コルビュジエと近代絵画―二〇世紀モダニズムの道程 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月2日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論美術出版
販売開始日:2019/01/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 315704位

ル・コルビュジエと近代絵画―二〇世紀モダニズムの道程 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近代建築を代表する建築家であるル・コルビュジエの絵画に着目し、1910年代の初期の絵画から1950年代までのその変遷を追いながら、これと並行する建築の変化も検証することで、ル・コルビュジエの絵画と建築をひとつの統一的な芸術活動としてとらえ、彼の創造的精神を考察する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 初期の絵画、建築(ピューリスム絵画:視覚に与えられた力学的統一
    行動的場面の力動性:「昇る道」)
    第2部 身体の表現(身体の表現の展開
    身体表現としてのル・モデュロール
    ノートル=ダム=デュ=オー礼拝堂)
    第3部 ヴィオレ=ル=デュクとピューリスムの展開(形態表現の発展とラショナリズム
    ヴィオレ=ル=デュクの思想とル・コルビュジエのピューリスム
    象徴性
    絵画の意義
    二元論の統一 ほか)
  • 出版社からのコメント

    ル・コルビュジエの絵画と建築をひとつの統一的な芸術活動としてとらえ、彼の創造的精神を考察する。
  • 内容紹介

    「人は私を建築家としてしか認めない。人は私を画家としては認めたがらない。それにもかかわらず、絵画を通じてこそ、私は建築に到った。」
    近代建築を代表する建築家であるル・コルビュジエの絵画に着目し、1910年代の初期の絵画から1950年代までのその変遷を追いながら、これと並行する建築の変化も検証することで、ル・コルビュジエの絵画と建築をひとつの統一的な芸術活動としてとらえ、彼の創造的精神を考察する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    呉谷 充利(クレタニ ミツトシ)
    1949年生まれ。建築史家、相愛大学名誉教授。関西大学大学院修士課程建築学専攻修了。フランス政府給費留学にてル・コルビュジエの研究、京都大学博士(工学)。相愛大学人文学部教授を経て、同名誉教授。雑誌『りずむ』(白樺サロンの会)創刊
  • 著者について

    呉谷充利 (クレタニミツトシ)
    相愛大学名誉教授。

ル・コルビュジエと近代絵画―二〇世紀モダニズムの道程 の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論美術出版
著者名:呉谷 充利(著)
発行年月日:2019/01/20
ISBN-10:4805508647
ISBN-13:9784805508640
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:建築
言語:日本語
ページ数:346ページ
縦:22cm

    中央公論美術出版 ル・コルビュジエと近代絵画―二〇世紀モダニズムの道程 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!