核兵器 [単行本]

販売休止中です

    • 核兵器 [単行本]

    • ¥9,720292ポイント(3%還元)
    • 日本全国配達料金無料
核兵器 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003067764

核兵器 [単行本]

こちらの商品は、近日発売予定です。
価格:¥9,720(税込)
ポイント:292ポイント(3%還元)(¥292相当)
日本全国配達料金無料
出版社:その他
販売開始日:2018/12/22
ご確認事項:返品不可

核兵器 [単行本] の 商品概要

  • 目次



    第1章 原子核
    1.1 その男は、東海村からやって来た
    1.2 原子力施設の熔接技術によってつくられた戦車
    1.3 原子の構造
    1.4 原子核の構造
    1.5 同位体
    1.6 安定核
    1.7 ウラン
    1.8 ポロニウム
    1.9 強い力

    第2章 放射線
    2.1 不安定核の粒子の放出
    2.2 不安定核のエネルギーの放出
    2.3 放射線は何故危険か
    2.4 エネルギーの単位
    2.5 X線
    2.6 中性子
    2.7 放射性同位体と放射能
    2.8 半減期
    2.9 放射線の影響
    2.10 半導体への影響
    2.11 吸収線量
    2.12 等価線量
    2.13 α線と β線の特徴
    2.14 γ線と X線の特徴
    2.15 中性子の特徴
    2.16 人体への影響
    2.17 急性障害
    2.18 晩成障害
    2.19 遺伝的障害
    2.20 外部被曝と内部被曝
    2.21 放射線加重係数
    2.22 実効線量
    2.23 自然放射線
    2.24 医療被曝
    2.25 被曝の許容量
    2.26 外部被曝の低減
    2.27 内部被曝の低減
    2.28 放射線の測定
    2.29 放射線の利用

    第3章 核分裂と核融合
    3.1 不安定核の分裂
    3.2 核分裂断面積
    3.3 マクロ断面積
    3.4 核分裂反応に於ける質量欠損
    3.5 望ましい核分裂物質
    3.6 核融合反応
    3.7 核融合反応に於ける質量欠損
    3.8 核融合断面積
    3.9 分裂か融合か

    第4章 連鎖反応
    4.1 温度
    4.2 核分裂の連鎖反応
    4.3 核分裂の連鎖反応にかかる時間
    4.4 原子炉
    4.5 チェルノブイリ原子力発電所事故
    4.6 冷却材
    4.7 減速材
    4.8 核燃料
    4.9 臨界量
    4.10 反射体
    4.11 密度と臨界量
    4.12 核分裂物質の安全性
    4.13 核融合の連鎖反応
    4.14 ローソン条件
    4.15 慣性閉じ込め

    第5章 核燃料
    5.1 ウランの採掘
    5.2 ウランの精錬
    5.3 ウランの転換
    5.4 ウランの濃縮
    5.5 ガス拡散法
    5.6 遠心分離法
    5.7 エアロダイナミクス法
    5.8 電磁分離法
    5.9 レイザー法
    5.10 化学法
    5.11 ウランの再転換
    5.12 プルトニウムの製造
    5.13 兵器級プルトニウム
    5.14 高速増殖炉
    5.15 プルトニウムの抽出
    5.16 プルトニウムの同素体
    5.17 廃棄物問題
    5.18 核分裂物質の備蓄量
    5.19 デューテリウムの濃縮
    5.20 トリチウムの製造
    5.21 リチウムの精製と濃縮
    5.22 重水素化リチウム

    第6章 核分裂兵器
    6.1 マンハッタン計画
    6.2 砲身型核分裂兵器
    6.3 爆縮型核分裂兵器
    6.4 ソヴィエト連邦に於ける核分裂兵器の開発
    6.5 中性子発生管
    6.6 ブースター
    6.7 タンパーの材質の選定
    6.8 EFI
    6.9 2点点火式爆縮レンズ

    第7章 核融合兵器
    7.1 テラー゠ウラム型熱核兵器
    7.2 3F兵器
    7.3 特殊な核兵器
    7.4 リチウム7の効果
    7.5 核兵器が与える影響
    7.6 核融合兵器の近代化
    7.7 究極の核兵器

    巻末図表

    カラー図
    索引
  • 内容紹介

    核兵器──
    圧倒的な破壊力のため、誕生した年に二度使用されただけで、
    その後70年間、実戦で使われていない。
    しかしその間も改良が重ねられ、
    凄まじいレベルにまでその威力を高めていた──。

    原子核の分裂と融合が、なぜこれほどのエネルギーを生み出すのか。
    またそのエネルギーを、一瞬で消費し尽くすための設計とは。
    天然の鉱石から「燃料」に加工するまでの、気の遠くなるような濃縮の工程。
    核分裂兵器(原爆)から核融合兵器(水爆)へ──そして究極の核兵器W88の誕生。

    20世紀初頭に異常発達した物理学の総決算であり、
    人類が元来持っている闘争心と、飽くなき知への欲求が結実した究極の産物──
    その複雑で精緻なメカニズムを、
    政治的、倫理的な話は抜きに、純粋に物理学の側面から解明していく。

    著者自ら作成したグラフやCAD図をはじめ、
    本書でしか見られない図版を多数収録。
    数式や表、さまざまなデータを駆使しながら、緻密に、定量的に、その実体に迫っていく。
    専門書としての魅力、資料的価値を最大限高めながらも、
    ユーモラスな喩えやイラストなどを織り交ぜることで、
    理系ではない読者にも読み進められる「限りなく専門書に近い一般書」を実現。

    多田将のライフワーク、ついに誕生。

    【初回限定・函入り特装版】
    【図書館選書】
    20世紀初頭に異常発達した物理学の総決算であり、人類が元来持っている闘争心と、飽くなき知への欲求が結実した究極の産物。その複雑で精緻なメカニズムを、政治的、倫理的な話は抜きに、純粋に物理学の側面から解明していく
  • 著者について

    多田 将 (タダ ショウ)
    京都大学理学研究科博士課程修了。理学博士。高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所、准教授。著書に『すごい実験』『すごい宇宙講義』『宇宙のはじまり』『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』『ニュートリノ』(以上イースト・プレス)、『放射線について考えよう。』(明幸堂)がある。

核兵器 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:明幸堂
著者名:多田 将(著)
発行年月日:2019/01
ISBN-10:4991034817
ISBN-13:9784991034817
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:440ページ
縦:22cm
横:16cm
厚さ:4cm
重量:700g

    その他 核兵器 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!