ブラック化する教育 2014-2018 [単行本]
    • ブラック化する教育 2014-2018 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003068474

ブラック化する教育 2014-2018 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2018/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ブラック化する教育 2014-2018 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    疲弊する現場、「自己責任」のリアル、政策の不条理…暗いトンネルのような2010年代。新自由主義と国家主義が猖獗をきわめる教育の現場の「いま」と、そこにいたるまでの系譜をたどる。果たして希望はあるのか?私たちが直面している社会のリアルを乗り越える。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「教育再生」の再生のために(斎藤貴男×佐藤学×大内裕和)(第二次安倍政権の「教育再生」
    市場化する教育の原点と「破壊的保守」 ほか)
    第2章 「受益者負担の論理」を超えるために(宇都宮健児×大内裕和)(六〇年代の経験から
    大学が開かれていたころ ほか)
    第3章 「教育の病」から見えるブラック化した学校現場(内田良×大内裕和)(組体操事故の展開
    組体操事故問題の発見 ほか)
    第4章 「日常の戦争化」に抗する(斎藤美奈子×大内裕和)(教育と政治の現在地
    「自由化」「個性化」を問い直す ほか)
  • 内容紹介

    疲弊する現場、「自己責任」のリアル、政策の不条理…日本の教育は手遅れなのか?
    奨学金の返済不能問題、狂信的な部活動や組体操、教育費用の自己負担化など、教育をめぐるイシューにするどく切り込む。各界を代表する学者・評論家と談論風発!
    第一章(×斎藤貴男×佐藤学)
    第二章(×宇都宮健児)
    第三章(×内田良)
    第四章(×斎藤美奈子)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大内 裕和(オオウチ ヒロカズ)
    1967年神奈川県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程をへて、現在は中京大学国際教養学部教授。専門は教育学・教育社会学。奨学金問題対策全国会議共同代表。2013年に「学生を尊重しないアルバイト」のことを「ブラックバイト」と名づけて、社会問題として提起する

ブラック化する教育 2014-2018 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:大内 裕和(著)
発行年月日:2018/12/25
ISBN-10:4791771257
ISBN-13:9784791771257
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:250ページ
縦:20cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 ブラック化する教育 2014-2018 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!