忖度と官僚制の政治学 [単行本]
    • 忖度と官僚制の政治学 [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003068478

忖度と官僚制の政治学 [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日:2018/12/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 121642位

忖度と官僚制の政治学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    中立的なものこそ政治的である。現代を読み解くための政治思想。なぜ文書は改ざんされたのか。なぜ官僚は忖度するのか。官僚制をめぐる問題とその背景を、たんなる時事問題としてではなく、日本の空気や感情論としてでもなく、政治学の問いとして考える。ウェーバー、シュミット、アーレント、キルヒハイマー、ハーバーマス、グレーバーを深く「読み」、いま「使う」ために。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    今日の文脈
    1 文書主義(官僚制と文書―バルザック・ウェーバー・グレーバー)
    2 「決められない政治」とカリスマ(脱官僚と決定の負荷―政治的ロマン主義をめぐる考察
    「決められない政治」についての考察―カール・シュミット『政治的ロマン主義』への注釈
    カリスマと官僚制―マックス・ウェーバーの政治理論へのイントロダクション)
    3 合理性とアイヒマン(合理性と悪
    フォン・トロッタの映画『ハンナ・アーレント』―ドイツの文脈
    五〇年後の『エルサレムのアイヒマン』―ベッティーナ・シュタングネトとアイヒマン研究の現在)
    4 動員と「なんちゃらファースト」(テクノクラシーと参加の変容
    「なんちゃらファースト」と悪)
    5 キャッチ・オール・パーティと忖度(官僚主導のテクノクラシー―キルヒハイマーの「キャッチ・オール・パーティ」再論
    忖度の政治学―アカウンタビリティの陥穽)
    中立的なものこそ政治的である
  • 内容紹介

    中立的なものこそ政治的である。
    なぜ文書は改ざんされたのか。なぜ官僚は忖度するのか。官僚制をめぐる問題とその背景を、たんなる時事問題としてではなく、日本の空気や感情論としてでもなく、政治学の問いとして考える。ウェーバー、シュミット、アーレント、キルヒハイマー、ハーバーマス、グレーバーを深く「読み」、いま「使う」ために。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    野口 雅弘(ノグチ マサヒロ)
    1969年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。哲学博士(ボン大学)。成蹊大学教授。専門は、政治学・政治思想史

忖度と官僚制の政治学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:野口 雅弘(著)
発行年月日:2018/12/31
ISBN-10:479177129X
ISBN-13:9784791771295
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:294ページ ※267,27P
縦:19cm

    青土社 忖度と官僚制の政治学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!