企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く! [単行本]
    • 企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く! [単行本]

    • ¥2,16065ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月19日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003068553

企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く! [単行本]

価格:¥2,160(税込)
ポイント:65ポイント(3%還元)(¥65相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月19日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:インプレス
販売開始日:2018/12/14
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 176102位

企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く! の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ セキュリティを取り巻く社会的背景と本書の構成
    第1章 今注目すべきIoTセキュリティトピック(1):今そこにある脅威
    第2章 今注目すべきIoTセキュリティトピック(2):訴訟やプライバシーにまつわる規制
    第3章 今注目すべきIoTセキュリティトピック(3):AI技術の進化とセキュリティ応用
    第4章 世界のIoTセキュリティ政策はどうなっているか:日米欧の最新動向
    第5章 セキュリティを確保したIoT機器の開発:取り巻く現実と課題
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荻野 司(オギノ ツカサ)
    博士(工学)。一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会代表理事。キヤノン(株)中央研究所を経て、各種製品の研究・開発やISP事業に携わる。(株)ユビテック社長(2003‐2014)時代には、IoT製品・サービス事業化を推進。また、(社)日本ネットワークインフォメーションセンターIP担当理事、IPv6普及・高度化推進協議会常務理事を歴任。現在、ゼロワン研究所代表、情報セキュリティ大学大学院客員教授、京都大学宇宙総合学研究ユニット特任教授

    伊藤 公祐(イトウ コウスケ)
    一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会ストラテジックアドバイザ。1993年キヤノン(株)入社、インターネットビジネス開発に従事。2005年より(株)ユビテックにてSaaS型省エネサービス事業および組込みセキュリティ調査に従事。情報処理推進機構(IPA)とIoT時代を見据えて車や家電などの組込みセキュリティの啓発に尽力。2015年CCDS設立に参画。専務理事兼事務局長として協議会を運営。2018年より株式会社JVCケンウッドPSIRTリーダおよび現職

    小野寺 正(オノデラ タダシ)
    一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会ストラテジックアドバイザ。システム開発・運用業務を経て、セキュリティコンサルティングに従事。主に中期計画策定、統括組織やセキュリティ監視体制の組成、対策実装の支援などに関与してきた。また、事業戦略、業務プロセス改革、IT戦略の立案なども経験。2018年よりCCDSのストラテジックアドバイザーになる

企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く! の商品スペック

商品仕様
出版社名:インプレス
著者名:荻野 司(著)/伊藤 公祐(著)/小野寺 正(著)/重要生活機器連携セキュリティ協議会(編)
発行年月日:2018/12/21
ISBN-10:429500541X
ISBN-13:9784295005414
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:155ページ
縦:21cm

    インプレス 企業リスクを避ける 押さえておくべきIoTセキュリティ~脅威・規制・技術を読み解く! [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!