ただいま、ふたりの宝石箱(角川文庫) [文庫]
    • ただいま、ふたりの宝石箱(角川文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003071047

ただいま、ふたりの宝石箱(角川文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/01/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

ただいま、ふたりの宝石箱(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    仮面をかぶったまま仕事をこなし、“期待の逸材”と呼ばれていた涼子。ある日ぷつんと切れてしまった糸に気づき退職してから、譲り受けた古民家で日がな趣味のアクセサリーづくりをして暮らしていた。そんな家に店子として住むことになったのは、宝飾職人の「希美」さん。趣味も合うと楽しみにしていた涼子だったが、やってきたのは優しげな雰囲気のきれいな顔をした男性で―?心を潤す、あたたかな再生の物語。
  • 出版社からのコメント

    ホイールを回そう。もう一度、私が輝くために。心を潤す、癒しと恋の物語。
  • 内容紹介

    仮面をかぶったまま仕事をこなし、<期待の逸材(ホープダイヤ)>と呼ばれていた涼子。
    ある日ぷつんと切れてしまった糸に気づき退職してから、譲り受けた古民家で日がな趣味のアクセサリーづくりをして暮らしていた。
    そんな家に店子として住むことになったのは、宝飾職人の「希美」さん。
    趣味も合うと楽しみにしていた涼子だったが、やってきたのは優しげな雰囲気のきれいな顔をした男性で――? 
    心を潤す、あたたかな再生の物語。

    図書館選書
    会社を辞めて古民家に住み始めた涼子が同居人に迎えることにしたのは、憧れの職業・宝飾職人の「希美」さん。楽しみにしていた涼子だが、やってきたのは男性で――? 心を潤す、あたたかな再生の物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    あさば みゆき(アサバ ミユキ)
    横浜市在住。第12回角川ビーンズ小説大賞奨励賞、第2回角川つばさ文庫小説賞一般部門金賞を受賞
  • 著者について

    あさば みゆき (アサバ ミユキ)
    横浜市在住。第2回角川つばさ文庫小説賞で金賞、第12回角川ビーンズ小説大賞で奨励賞を受賞。

ただいま、ふたりの宝石箱(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:あさば みゆき(著)
発行年月日:2019/01/25
ISBN-10:4041074258
ISBN-13:9784041074251
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:263ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA ただいま、ふたりの宝石箱(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!