東大式失敗の研究―"違和感"からどう創造を生み出すか [単行本]
    • 東大式失敗の研究―"違和感"からどう創造を生み出すか [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003073529

東大式失敗の研究―"違和感"からどう創造を生み出すか [単行本]

  • 4.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:WAVE出版
販売開始日: 2018/12/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

東大式失敗の研究―"違和感"からどう創造を生み出すか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「いつもと違う」「なんか変だな」「これは何だ?」大ピンチや大チャンスの前に生じる“微弱信号”に気づいてとらえよう!「失敗学」の権威が教えるミスを防いでアイデアを生むメソッド。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    はじめに
    序章 潜在期間にアイデアノートをつけよう―ヒヤヒヤ・モヤモヤから創造と失敗が生まれる
    第1章 人間は、なぜ失敗するのか?―創造できる人と失敗する人の差
    第2章 失敗を防ぎ、創造を生むために―違和感をとらえるために必要なこと
    第3章 違和感の捕捉感度を高めるメソッド―ネガティブとマンネリを打破する
    第4章 リスクやチャンスを予測しよう―アイデアノートがあなたの将来を助ける
    第5章 うっかりミスは安全装置が防ぎ、知識はAIが手助けしてくれる
    第6章 歴史から自説を立てることが、仮説検証のトレーニングになる
    終章 21世紀に必要な仮説検証力は、「勇気」と「自信」からつくられる
    おわりに
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中尾 政之(ナカオ マサユキ)
    東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻教授。1958年生まれ。1983年、東京大学工学系研究科修士課程修了。同年、日立金属株式会社勤務。1989年、HMT Technology Corp.(米国カリフォルニア州)に出向、磁気ディスク生産設備の立ち上げに従事する。1992年、東京大学工学系研究科産業機械工学専攻助教授。2001年より現職。専門は失敗学、生産技術、ナノ・マイクロ加工、加工の知能化、創造設計と脳科学

東大式失敗の研究―"違和感"からどう創造を生み出すか の商品スペック

商品仕様
出版社名:WAVE出版
著者名:中尾 政之(著)
発行年月日:2018/12/13
ISBN-10:4866211830
ISBN-13:9784866211831
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:255ページ
縦:19cm
他のWAVE出版の書籍を探す

    WAVE出版 東大式失敗の研究―"違和感"からどう創造を生み出すか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!