組織アイデンティティの機能―環境変化への対応における役割 [単行本]
    • 組織アイデンティティの機能―環境変化への対応における役割 [単行本]

    • ¥4,840146ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月22日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003073989

組織アイデンティティの機能―環境変化への対応における役割 [単行本]

価格:¥4,840(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月22日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2018/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

組織アイデンティティの機能―環境変化への対応における役割 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明確な組織アイデンティティの形成は、環境変化への対応にどのような影響を及ぼすのか―組織の独自性が明確になっていない場合、他者との間に適切な差異を構築することが難しく、環境変化に過剰に反応してしまうことが新たな問題を生み出す。結果として「落とし穴」にはまる組織のメカニズムを、損害保険業における事例より明らかにする。
  • 目次

    第1章 問題の所在と分析フレームワーク
    第2章 分析に用いる概念
    第3章 分析対象と方法
    第4章 コンフリクトを引き起こす制度環境への適応
    第5章 制度環境の変化への能動的な関与
    第6章 制度環境の変化と組織の受動的対応
    第7章 制度環境変化への繰り返される過剰反応
    第8章 結論と課題
    参考文献
  • 出版社からのコメント

    変化する環境の中で対応しようと試行錯誤して、結果として「落とし穴にはまる組織」のメカニズムを明らかにする。
  • 内容紹介

    組織のメンバーは,それぞれ自組織についてのイメージを持っている。そのことが,変化する環境へ対応しようとする際どのように影響するのか。そして,結果として「落とし穴にはまる組織」のメカニズムはどのようなものか。損害保険業における事例をもとに明らかにする。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 秀典(サトウ ヒデノリ)
    筑波大学ビジネスサイエンス系准教授。博士(経済学)(東京大学)。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学後、東京大学ものづくり経営研究センター特任助教、長崎大学経済学部准教授、横浜国立大学国際社会科学研究院准教授を経て現職。専門は経営組織論。論文に「ルーチン形成における管理者の認識とパワー―自動車販売現場における管理者の役割」『組織科学』47(2)、2013年、47‐58頁(第31回組織学会高宮賞論文部門)などがある
  • 著者について

    佐藤 秀典 (サトウ ヒデノリ)
    筑波大学准教授

組織アイデンティティの機能―環境変化への対応における役割 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:佐藤 秀典(著)
発行年月日:2018/12/20
ISBN-10:4641165351
ISBN-13:9784641165359
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:211ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 組織アイデンティティの機能―環境変化への対応における役割 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!