彰義隊遺聞(集英社文庫) [文庫]
    • 彰義隊遺聞(集英社文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月28日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003075218

彰義隊遺聞(集英社文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月28日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2018/12/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 296932位

彰義隊遺聞(集英社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    150年前の5月15日、江戸の町は戦場と化した。西郷率いる新政府軍に彰義隊らが立ち向かった上野戦争。いまも銃痕や刀傷が建物に残る。戦争の様子はどのようであったのか。たった一日で制圧されたが故に「烏合の衆」と蔑まれてきた彰義隊の真の姿とは。当時を知る人々の貴重な証言と、膨大な資料をもとに検証する迫力のドキュメンタリー。教科書では学べない、生きた歴史の手触りが感じられる本。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    墓を建てた男、小川椙太
    幕末三舟
    彰義隊結成と孤忠、伴門五郎
    東叡山寛永寺
    慶喜謹慎
    渋沢栄一と成一郎
    香車の槍、天野八郎
    錦ぎれ取り、西虎叫畢
    挿話蒐集
    団子坂戦争
    黒門激戦
    輪王寺宮落去
    戦争見物と残党狩り
    三つの墓
    隊士のその後、松廼家露八のこと
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森 まゆみ(モリ マユミ)
    1954年東京都文京区生まれ。早稲田大学政経学部卒業、東京大学新聞研究所修了。出版社で企画、編集の仕事にたずさわった後、フリーに。84年に子育て仲間の山崎範子、実妹の仰木ひろみと地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊。2009年終刊、のち「谷根千記憶の蔵」を主宰して、地域資料のアーカイブ化に努める

彰義隊遺聞(集英社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:森 まゆみ(著)
発行年月日:2018/12/25
ISBN-10:4087458202
ISBN-13:9784087458206
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:390ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:209g

    集英社 彰義隊遺聞(集英社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!