宣告〈下〉(P+D BOOKS) [単行本]
    • 宣告〈下〉(P+D BOOKS) [単行本]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年2月28日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003077423

宣告〈下〉(P+D BOOKS) [単行本]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年2月28日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2019/02/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

宣告〈下〉(P+D BOOKS) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    楠本他家雄が入獄して十六年目、ついに“お迎え”の日がやってくる。拘置所の若い医官で精神科医・近木は、刑執行現場への同行許諾を得る。その日の朝、心のなかに喜びが立ち昇るのを感じた他家雄は、一年間文通を続けた女子学生・玉置恵津子に最後の手紙を書く。「きみのおかげでぼくの死は豊かになりました。ありがとう。そして、さようなら」。精神科医として東京拘置所医務部技官を務めた筆者にしか描けない、青年死刑囚の衝撃的な死刑執行現場の全行程。全三巻完結編。復刊にあたり、著者による新たなあとがきを収録。入獄十六年目―死刑執行の朝を迎えたいち青年の魂の叫びと軌跡。
  • 内容紹介

    死刑執行の朝を迎えた青年の魂の叫びと軌跡

    楠本他家雄が入獄して16年目、ついに“お迎え”の日がやってくる。拘置所の若い医官で精神医・近木は、刑執行現場への同行許諾を得る。

    その日の朝、心のなかに喜びが立ち昇るのを感じた他家雄は、1年間文通を続けた女子学生・玉置恵津子に最後の手紙を書く。「きみのおかげでぼくの死は豊かになりました。ありがとう。そして、さようなら」。

    精神科医として東京拘置所医務部技官を務めた筆者にしか描けない、青年死刑囚の衝撃的な死刑執行現場の全行程。全3巻完結編。復刊にあたり、著者による新たなあとがきを収録。

    図書館選書
    楠本他家雄が入獄して16年目、遂に“お迎え”の日がやってくる。拘置所の若い医官・近木は刑執行現場への同行する。精神科医として東京拘置所医務部技官を務めた筆者にしか描けない衝撃的な死刑執行現場の全行程。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加賀 乙彦(カガ オトヒコ)
    1929年(昭和4年)4月22日生まれ。東京都出身。本名は小木貞孝(こぎさだたか)。主な作品に『帰らざる夏』(第9回谷崎潤一郎賞)などがある

宣告〈下〉(P+D BOOKS) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:加賀 乙彦(著)
発行年月日:2019/02/12
ISBN-10:4093523592
ISBN-13:9784093523592
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:484ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 宣告〈下〉(P+D BOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!