北欧式 お金と経済がわかる本―12歳から考えたい9つのこと [単行本]
    • 北欧式 お金と経済がわかる本―12歳から考えたい9つのこと [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003080971

北欧式 お金と経済がわかる本―12歳から考えたい9つのこと [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2019/02/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

北欧式 お金と経済がわかる本―12歳から考えたい9つのこと の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、経済の専門家である著者が、子育てをする中で子どもたちに知っておいてほしいと感じた「お金や経済のしくみ」についてやさしく解説した本です。お金の稼ぎ方、借り方、扱い方(予算・使う・貯金)、カード、税金、消費、銀行、経済の難しさ(失業や貧困)など、12歳以上の子どもたちに知っておいてほしい・考えてほしい9つのキーワードについて解説していきます。ふだんあまり意識しない、消費と経済の関係、個人経済と社会経済の違いやしくみについて、北欧(ノルウェー)と日本を対比しながら知ることができます。
  • 目次

    第1部 あなたの経済~お金はどうすれば手に入る?どう使えばいい?
     第1章 お金はどうやって稼げる?~賃労働と起業家精神について
     第2章 どうしたらお金を借りられる?~借金と利子について
     第3章 お金ってなんだろう?~お金について、お金をどう扱うべきか
     第4章 お金をどう扱ったらいい?~予算を立て、使い、貯金することについて
     第5章 どうしたら安全に買い物ができる?~デビットカードとクレジットカード、インターネットショッピングについて

    第2部 あなたと社会~あなた(個人)のお金は、周りの世界とどう結びついている?
     第6章 あなたと税制~税金と脱税と政治
     第7章 消費者としてのあなた~消費、リサイクル、経済成長について
     第8章 あなたと銀行制度~銀行と金融市場
     第9章 経済の難しい面~失業と貧困、よりよい生活を求めて

    まとめ コントロールしよう!~経済と権力、可能性について

  • 出版社からのコメント

    経済の専門家が子どもたちのために書いた、学校では教えてくれない「お金と経済のしくみ」の本。
  • 内容紹介

    経済の専門家が子どもたちのために書いた
    学校では教えてくれないお金と経済のしくみ

    子どもも大人も、町を歩けばたくさんの商品やポスター、宣伝を目にしますし、お店にはさまざまなものが売っています。にもかかわらず、子どもたちは学校や家庭において、お金と経済の関係やその基本的な仕組みや知識について話をしたり考えたりする機会はあまりありません。

    本書は、経済の専門家である著者が、子育てをする中で子どもたちに知っておいてほしいと感じた「お金や経済のしくみ」についてやさしく解説した本です。お金の稼ぎ方、借り方、扱い方(予算・使う・貯金)、カード、税金、消費、銀行、経済の難しさ(失業や貧困)など、12歳以上の子どもたちに知っておいてほしい・考えてほしい9つのキーワードについて解説していきます。

    ■本書の特徴■
    ●北欧と日本の違いを考えよう!
     ふだんあまり意識しない、消費と経済の関係、個人経済と社会経済の違いやしくみについて、北欧(ノルウェー)と日本を対比しながら知ることができます。また、各章の各パートでは、次のような囲み記事が用意されてており、学んだ知識をさらに深めることができます。
     ・「知ってる?」(本文に関連した豆知識)
     ・「さらに知りたい人へ」「さらに考えよう!」(学んだことを深める課題や知識)
     ・「話し合ってみよう!」(友達や家族と話し合える問い)

    ■本書で考える9つのこと■
    1. お金の稼ぎ方:賃労働と起業家精神
    2. お金の借り方:借金と利子
    3. お金ってなに?:歴史と形態
    4. お金の扱い方:予算・使う・貯金
    5. 安全な買い物:デビッドカードとクレジットカード
    6. 税を払う意味:税金と脱税と政治
    7. 消費者の権利:消費・リサイクル・経済成長
    8. 銀行の役割:銀行と金融市場
    9. 経済の難しさ:失業と貧困

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    エクルンド,グンヒル・J.(エクルンド,グンヒルJ./Ecklund,Gunhild J.)
    大学で経済史学を学んだ後、経済史の博士号を取得。長年、経済政策、銀行・金融市場、中央銀行の政策などの研究に従事していたが、2013年に作家、コミュニケーター、経済アドバイザーの仕事に専念しようと決意。ノルウェーナレッジセンターの開設や子どもたちの経済教育プログラムの開発に際してアドバイザーとして尽力

    枇谷 玲子(ヒダニ レイコ)
    1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。在学中の2005年に『ウッラの小さな抵抗』(文研出版)で翻訳者デビュー。北欧家具輸入販売会社勤務、翻訳会社でオンサイトのチェッカーの経験を経て、現在は子育てしながら北欧書籍の紹介を行っている

    氏家 祥美(ウジイエ ヨシミ)
    1972年、埼玉県生まれ。ファイナンシャルプランナー・キャリアコンサルタント。お茶の水女子大学大学院修了。FP事務所で5年間勤務した後、2010年よりFP事務所ハートマネー代表に。家計の見直し相談や講演活動を通じて、お金の基礎知識を伝えている。家庭を持ってからお金の知識の必要性に気がついて学び直した経験から、金融リテラシーの普及に力を注ぐ。高校生向け家庭科の教科書で経済分野を執筆するほか、高校生や大学生向けの講義なども行っている

北欧式 お金と経済がわかる本―12歳から考えたい9つのこと の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:グンヒル・J. エクルンド(著)/枇谷 玲子(訳)/氏家 祥美(監修)
発行年月日:2019/02/06
ISBN-10:4798155179
ISBN-13:9784798155173
判型:B5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:111ページ
縦:21cm
横:19cm
その他: 原書名: Hva er okonomi?Fakta og funderinger〈Ecklund,Gunhild J.〉
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 北欧式 お金と経済がわかる本―12歳から考えたい9つのこと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!