第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来 [単行本]
    • 第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来 [単行本]

    • ¥3,520212ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003081537

第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:212ポイント(6%還元)(¥212相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月20日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日: 2019/02/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    地球誕生以来、5回、地球上のほぼすべての生物が死滅した。なぜ生物大量絶滅は起きたのか?気鋭の科学ジャーナリストが、地質学・古生物学・宇宙学・地球物理学などの科学者に直接会い、現地調査に加わり、仮石を掘り起こし、大量絶滅時の地球環境の変化を生き生きと描く。そして今、気候変動の引き金をひきつつあるわれわれ人類は、過去の大量絶滅から何が学べるのか―
  • 目次

    序章

    第1章 物語の始まり
    カンプリア燥発が引き起こした最初の大量死
    海水中の酸素量の急激な増加

    第2章 オルドビス紀末の大絶滅【4億4500万年前】
    北アメリカで一番化石が豊富な場所
    4億5000万年前の海底で化石採集
    オルドビス紀の海と大陸
    超絶大噴火と生物多様性のビッグバン
    殺人光線、ガンマ線バースト仮説
    氷河湖の決壊による大洪水
    気候を支配する二酸化炭素
    大気中の二酸化炭素と山脈の浸食と石灰岩
    逃げ道のない地形
    酸素の増加で死滅した生きものたち
    オルドビス紀末に戻ってきた海

    第3章 デボン紀後期の大絶滅【3億7400万年前、3億5900万年前】
    何度もあった絶滅のピーク
    ギルボアの化石の森
    陸上に進出した樹木が引き起こした危機
    交錯する証拠
    ハイウェイ脇の氷河に削られた岩
    デボン紀の海の王、ダンクルオステウス
    海から逃げ出した私たちの祖先
    陸上への第一歩
    超大陸パンゲアと侵入種―生物多様性の喪失
    陸上植物と人間がもたらすもの

    第4章 ペルム紀末の大絶滅【2億5200万年前】
    チワワ砂漠に葬られているペルム紀の生きものたち
    「グレート・ダイイング」を追う古生物学者
    殺し屋は宇宙から?
    カルー砂漠の骨
    地質学を一変させた大陸移動説
    化石燃料を焼きつくしたシベリアの洪水玄武岩
    シベリアトラップの再現
    大最絶滅の「オリエント急行殺人事件」理論?

    第5章 三畳紀末の大絶滅【2億100万年前】
    故障した地球のサーモスタット
    回復した生きものの世界
    疑わしいクレーター
    再び火を噴いた大地
    気候変動で傷ついた生きものたち
    謎の生きもの、コノドント
    消えたサンゴ礁
    三畳紀末と現代の相違点
    次の時代の主役

    第6章 白亜紀末の大絶滅【6600万年前】
    恐竜とともに絶滅した生きものたち
    化石が皆無の粘土層
    謎めいた無秩序な岩石
    衝突クレーター発見の物語
    一瞬の出来事
    衝撃の大きさ
    マヤ文明とクレーターをめぐる旅
    爆心地へ
    再び洪水玄武岩―デカントラップ
    続く論争
    チクシュルーブ衝突が火山活動を誘発

    第7章 更新世末の大絶滅【5万年前―近い将来】
    めまぐるしい気温の変動
    ホモ•サピエンスの移動のあとを追う絶滅の波
    オーバーキル(過剰殺戦)説
    ヒトがシヨートさせる地球システム
    海で起きていること
    人類が滅ほした生物種はたったの800
    ネットワークの崩壊

    第8章 近い将来
    人間の生理機能の限界
    気温はどこまで上昇するのか?
    2100年以降の世界
    テクノロジーの未来にある脅威
    人類が次の氷期の開始を遅らせる?

    第9章 最後の絶滅【今から8億年後】
    再編される大陸
    地球は幸運な星なのか


    謝辞
    訳者あとがき
    参考文献
    索引
  • 出版社からのコメント

    なぜ生物大量絶滅は起きたのか? 気鋭の科学ジャーナリストが大量絶滅時の地球環境の変化を生き生きと描く。
  • 内容紹介

    各紙誌大絶賛!

    ニューヨークタイムズ紙エディターズ・チョイス受賞(2017年)

    フォーブスのベストブック・トップ10(2017年環境・気候・保全部門)

    地球の未来について多くのことを教えてくれる、遠い過去への、驚くべき旅
    ――ガーディアン紙

    洞察力、緊迫感、説得力にあふれている。
    重要な教えを説き、過去に起きたことをよりよく理解すれば、
    われわれがこれから進むべき道を決めるのに、
    どれだけ役立つかという論拠を示している。
    ――ボストン・グローブ紙

    思わず引きこまれてしまう。
    ブラネンは失われた世界を生き生きと描き出すのが得意だ。
    ――ザ・ニューヨーカー

    意義深い本だ――過去と現在を効果的に結びつけ、未来を予測し、気候変動に直面しながら何もしない現状に警告を発する。
    ――パブリッシャーズ・ウィークリー

    ブラネンは、オウムガイが支配したオルドビス紀の世界をよみがえらせる名手であり、学術論文の化石のように硬い文章に生命を吹きこんで、わかりやすく説明する名手でもある。
    ――ニューヨーク・タイムズ紙
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------
    地球誕生以来、5回、地球上のほぼすべての生物が死滅した。
    なぜ生物大量絶滅は起きたのか?
    気鋭の科学ジャーナリストが、
    地質学・古生物学・宇宙学・地球物理学などの科学者に直接会い、
    現地調査に加わり、化石を掘り起こし、
    大量絶滅時の地球環境の変化を生き生きと描く。
    そして今、気候変動の引き金をひきつつあるわれわれ人類は、
    過去の大量絶滅から何が学べるのか――
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ブラネン,ピーター(ブラネン,ピーター/Brannen,Peter)
    惑星科学を専門とする科学ジャーナリスト。ボストン大学を卒業し、2011年にウッズホール海洋研究所で海洋科学ジャーナリズム・フェローとして、2015年にデューク大学の国立進化統合センターでジャーナリスト・イン・レジデンスとして活躍。『第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来』がはじめての著書となる

    西田 美緒子(ニシダ ミオコ)
    翻訳家。津田塾大学英文学科卒業
  • 著者について

    ピーター・ブラネン (ピーターブラネン)
    惑星科学を専門とする科学ジャーナリスト。
    ボストン大学を卒業し、2015年にデューク大学の国立進化統合センターでジャーナリスト・イン・レジデンスとして、2011年にウッズホール海洋研究所で海洋科学ジャーナリズム・フェローとして活躍。
    執筆する記事は宇宙生物学、古生物学、地学、地球化学、海洋生物学、科学哲学、進化生物学などを題材とし、これまでニューヨークタイムズ紙、アトランティック誌、ワイアード誌、ワシントンポスト紙、ボストングローブ紙、オンラインマガジンの「スレートおよび「イーオン」などに掲載されてきた。

第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来 の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:ピーター ブラネン(著)/西田 美緒子(訳)
発行年月日:2019/02/28
ISBN-10:4806715778
ISBN-13:9784806715771
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:天文・地学
言語:日本語
ページ数:380ページ
縦:20cm
その他: 原書名: The Ends of the World〈Brannen,Peter〉
他の築地書館の書籍を探す

    築地書館 第6の大絶滅は起こるのか―生物大絶滅の科学と人類の未来 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!