ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊 [文庫]
    • ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊 [文庫]

    • ¥95029ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年8月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003083825

ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊 [文庫]

  • 5.0
参考価格:¥968
価格:¥950(税込)(参考価格より¥18の値引き)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年8月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:山と溪谷社
販売開始日: 2019/02/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊 [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    終戦直後、北アルプス最奥の地、黒部周辺を根城にして跋扈する「山賊たち」がいたという。そんな混乱期、著者の伊藤正一は三俣蓮華小屋の権利を譲り受け、山小屋経営に乗り出そうとしていた矢先、「山賊たち」と出会う。彼らとのスリリングな出会いにはじまり、彼らの協力を得て山小屋を再建。そうした「山賊たち」との奇妙な生活や山のバケモノたちの話など、まだ未開の黒部にまつわる逸話が満載された不思議な魅力が綴られる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 山賊たちとの出会い
    第2章 山賊との奇妙な生活
    第3章 埋蔵金に憑かれた男たち―別派の山賊
    第4章 山のバケモノたち
    第5章 山の遭難事件と登山者
    第6章 山小屋生活あれこれ
    第7章 その後の山賊たち
    補遺 遭難者のお礼参り―いちばん不思議だった話
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 正一(イトウ ショウイチ)
    大正12(1923)年、長野県松本市生まれ。8歳のとき、木曾御嶽に登って以来、北アルプスをくまなく歩く。昭和21(1946)年、三俣蓮華小屋(現在の三俣山荘)、水晶小屋を譲り受け、「山賊たち」の協力を得て、湯俣山荘、雲ノ平山荘を次々と建設する。昭和31(1956)年には、北アルプス最後の楽園「雲ノ平」への最短ルート、伊藤新道(現在、一般登山道としては使われていない)を独力で完成させた。日本勤労者山岳連盟創設者として、大衆登山発展のため、熱意を注いできた。平成28(2016)年6月、逝去

ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊 [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:山と溪谷社
著者名:伊藤 正一(著)
発行年月日:2019/03/01
ISBN-10:4635048659
ISBN-13:9784635048651
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:体育・スポーツ
言語:日本語
ページ数:302ページ
縦:15cm
他の山と溪谷社の書籍を探す

    山と溪谷社 ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊 [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!