Autoware自動運転ソフトウェア入門 [単行本]

販売休止中です

    • Autoware自動運転ソフトウェア入門 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
100000009003084485

Autoware自動運転ソフトウェア入門 [単行本]

加藤 真平(監修)藤居 祐輔(監修)大里 章人(監修)安積 卓也(著)福富 大輔(著)徳永 翔太(著)橘川 雄樹(著)清谷 竣也(著)
価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
日本全国配達料金無料
出版社:リックテレコム
販売開始日: 2019/01/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

Autoware自動運転ソフトウェア入門 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    Autowareは、一般道での自動運転を可能とするソフトウェアプラットフォームで、名古屋大学を中心に開発され、2015年に世界にさきがけてオープンソースとして公開されました。本書は、自動運転システムの入門者向けに、Autowareを利用するにあたって必須の機能について解説しました。自動運転車両がなくても、rosbag(実証実験などのデータを蓄える仕組み)を利用することで、PC上でシミュレートし、Autowareを仮想体験できる内容としています。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 はじめに
    2 Autowareの概要
    3 環境構築
    4 ROS
    5 Autowareの立ち上げ
    6 自己位置推定
    7 環境認識
    8 経路生成と経路計画
    9 経路追従
    10 事例紹介
  • 内容紹介

    Autowareは、一般道での自動運転を可能とするソフトウェアプラットフォームです。
    名古屋大学を中心に開発され、2015年、世界に先がけてオープンソースとして公開され
    ました。

    本書は、自動運転システムの入門エンジニア向けに、Autowareを利用するにあたって必須
    の機能とその使い方を解説しました。専用の自動運転車両を用いなくても、rosbag(実証実
    験などのデータを蓄える仕組み)を利用することで、PC上で実データを用いたシミュレーション
    ができる内容となっています。
    (シミュレーションには、一定の性能を備えたPCが必要となります。)

    レベル4、5段階での実用化が見えて来た来た現在、自動運転システムに興味のあるエンジニアに
    お奨めの一冊です。

    ◆目次◆
    第1章 はじめに
    第2章 Autowareの概要
    第3章 環境構築
    第4章 ROS
    第5章 Autoware の立ち上げ
    第6章 自己位置推定
    第7章 環境認識
    第8章 経路生成と経路計画
    第9章 経路追従
    第10章 事例紹介

Autoware自動運転ソフトウェア入門 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:リックテレコム
著者名:加藤 真平(監修)/藤居 祐輔(監修)/大里 章人(監修)/安積 卓也(著)/福富 大輔(著)/徳永 翔太(著)/橘川 雄樹(著)/清谷 竣也(著)
発行年月日:2019/02/13
ISBN-10:4865941878
ISBN-13:9784865941876
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:199ページ
縦:24cm
横:19cm
他のリックテレコムの書籍を探す

    リックテレコム Autoware自動運転ソフトウェア入門 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!