体制移行と暴力―世界秩序の行方 [単行本]
    • 体制移行と暴力―世界秩序の行方 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月17日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003084563

体制移行と暴力―世界秩序の行方 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月17日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本国際政治学会
販売開始日:2019/01/15
ご確認事項:返品不可

体制移行と暴力―世界秩序の行方 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    「序論 体制移行と暴力──世界秩序の行方」(土佐弘之)/「自由民主主義体制は生き残れるか,再考──正統性の移行と再配置される暴力」(山崎望)/「暴力を拡散させた体制転換──イラクの事例から」(山尾大)/「『主権の空白地』の統治をめぐるせめぎ合い──イラクとシリアにおける『イスラーム国』とクルド人組織の活動を事例として」(今井宏平)/「ブラジル外交と『保護する間の責任』(澤田眞治)/「『アフリカの問題のアフリカによる解決』の両義性もしくは逆説──地域機構による紛争対応能力の向上をめぐって」(佐藤章)/「移行期における賠償と開発の結合──正義のカスケードか,ハイジャックか」(古内洋平)/平和構築と法の多元性──法執行活動に着目して」(古澤嘉朗)/「国際刑事裁判の法の支配とその射程」(下谷内奈緒)/「『女性・平和・安全保障』のパラドックス──ジェンダーから見る紛争後リベリアのハイブリッド治安部門改革」(クロス京子)
  • 内容紹介

    現在,リベラル・デモクラシーの危機が深刻化している。国内政治秩序の変容が国際政治秩序を揺さぶり,それがまた非リベラルなハイブリッド・レジームの定着化などの国内政治秩序の変動をもたらしている。本号はこうした国際政治の変動を様々な角度から考察している。

体制移行と暴力―世界秩序の行方 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本国際政治学会 ※出版地:国立
著者名:日本国際政治学会(編)
発行年月日:2018/12/25
ISBN-10:4641499357
ISBN-13:9784641499355
ISSNコード:04542215
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:165ページ
縦:21cm
その他:「国際政治」194

    日本国際政治学会 体制移行と暴力―世界秩序の行方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!