配偶者居住権の新設等改正相続法への対応と実務Q&A [単行本]
    • 配偶者居住権の新設等改正相続法への対応と実務Q&A [単行本]

    • ¥1,94459ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003089330

配偶者居住権の新設等改正相続法への対応と実務Q&A [単行本]

価格:¥1,944(税込)
ポイント:59ポイント(3%還元)(¥59相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本法令
販売開始日:2019/02/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 78031位

配偶者居住権の新設等改正相続法への対応と実務Q&A の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    配偶者居住権等配偶者保護の規定新設、遺留分制度の見直し、自筆証書遺言の方式緩和などへの対応を、事例に基づいてわかりやすく解説。2019年度税制改正大綱を受けた税務上の視点も盛り込んだ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 配偶者の居住権を保護するための方策
    第2章 遺産分割に関する見直し等
    第3章 遺言制度に関する見直し
    第4章 遺留分制度に関する見直し
    第5章 相続の効力等に関する見直し
    第6章 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策
    第7章 施行時期/経過規定
    資料 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律 新旧対照条文(民法部分のみ抜粋)
  • 内容紹介

    約40年ぶりの民法(相続法)大改正!
    新設された配偶者居住権等配偶者を保護する規定や、遺留分制度の見直し、自筆証書遺言の方式要件緩和など、
    2018年7月に成立した改正民法(相続法)のポイントと法律実務を事例に即したQ&Aでわかりやすく解説。
    2019年度税制改正大綱を受けた税務上の視点もコラムに盛り込んでいる。

    【目次】

    第Ⅰ章 配偶者の居住権を保護するための方策
    第Ⅱ章 遺産分割に関する見直し等
    第Ⅲ章 遺言制度に関する見直し
    第Ⅳ章 遺留分制度に関する見直し
    第Ⅴ章 相続の効力等に関する見直し
    第Ⅵ章 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策
    第Ⅶ章 施行時期/経過規定
    資 料 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(一部抜粋)

配偶者居住権の新設等改正相続法への対応と実務Q&A の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本法令
著者名:Y&P法律事務所(編著)/山田&パートナーズ(編著)
発行年月日:2019/02/01
ISBN-10:4539726420
ISBN-13:9784539726426
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:279ページ
縦:21cm

    日本法令 配偶者居住権の新設等改正相続法への対応と実務Q&A [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!