海わたる聲-悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び [単行本]
    • 海わたる聲-悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び [単行本]

    • ¥1,40485ポイント(6%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003095609

海わたる聲-悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び [単行本]

価格:¥1,404(税込)
ポイント:85ポイント(6%還元)(¥85相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:柏艪舎
販売開始日:2019/01/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 149927位

海わたる聲-悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昭和二十年八月二十二日の朝、増毛沖と鬼鹿沖で樺太からの引揚げ船三隻が、相次いでソ連潜水艦の魚雷と艦砲射撃の標的にさらされた。泰東丸と小笠原丸が沈没、第二新興丸は大破し、千七百人を超える引揚げ者が犠牲となった。彼らは何故、大戦終結直後に命を奪われなくてはならなかったのか。日本人が忘れてはならない悲劇、「留萌沖三船殉難事件」を元に綴られた感動のドキュメンタリーノベル。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 土の棺―三十年目の再会
    2 青春の傷あと―反戦デモの中で
    3 慟哭の証言―海に消えた子どもたち
    4 老人の宿題―泰東丸を語り継ぐ
    5 朽ちてゆく墓標―事件の村は今
    6 若者たちの戦争―無縁仏の人探し
    7 声の碑―あの海にこだまして
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中尾 則幸(ナカオ ノリユキ)
    1946年北海道安平町(旧早来)生まれ。苫小牧東高校、早稲田大学第一文学部卒。1969年札幌テレビ放送入社。放送記者、ディレクターとして留萌沖三船殉難事件をはじめ、数多くのドキュメンタリーを制作。放送文化基金賞、全国民間放送連盟賞優秀賞、ギャラクシー賞選奨など受賞作品多数。1992年参議院議員北海道選挙区当選(1期6年)。参議院沖縄・北方問題特別委員会委員長。エッセイ「PHP賞」「二十四の瞳文壇エッセイ優秀賞」。2017年旭日中綬章。現在、映像プロデューサー

海わたる聲-悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び の商品スペック

商品仕様
出版社名:柏艪舎 ※出版地:札幌
著者名:中尾 則幸(著)
発行年月日:2019/01/25
ISBN-10:4434255207
ISBN-13:9784434255205
判型:B6
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
ページ数:169ページ
縦:19cm

    柏艪舎 海わたる聲-悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!