なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(文春新書) [新書]
    • なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(文春新書) [新書]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003096754

なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(文春新書) [新書]

半藤 一利(編・解説)
  • 5.0
価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2019/02/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(文春新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    陸軍参謀たちによる幻の座談会があった。雑誌『偕行』に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」が初の書籍化。なぜ無謀といわれるアメリカとの戦争に突入したのか、陸軍中枢にいたエリートが真実を語り尽くす。昭和史の第一人者、半藤一利氏による書き下ろし解説付き。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 三国同盟―積極的ではなかった陸軍
    第2章 北部仏印進駐―海軍とのかけひき
    第3章 南部仏印進駐―アメリカの反応を見誤る
    第4章 独ソ開戦―「北進」か「南進」か
    第5章 御前会議―まだ開戦に慎重だった陸軍
    第6章 東条内閣の成立―開戦への決意
    第7章 対米開戦―いかにして戦争を終わらせようとしたのか
  • 出版社からのコメント

    和平か開戦か――太平洋戦争開戦直前に陸軍は何を考えていたのか。中堅将校たちが明かした本音とは。巨大組織の内幕が見えてくる。
  • 内容紹介

    「アメリカと戦争するなんて、夢にも思わなかった」
    参謀本部、陸軍省の元エリートたちは口を揃える。
    日本最強の巨大組織で、何が起こっていたのか?

    ○環境の激変に対応できない
    ○戦略の見誤り&行き詰まり
    ○内部の“急進派”に攪乱される
    ○他部署(海軍など)との
    コミュニケーション欠如&利権争い
    ○相手(アメリカ、中国)の反応を読み違える

    ○次第に選択肢がなくなり、追い詰められる

    あなたの組織はどうですか?


    ・日独伊三国同盟の功罪
    ・なぜ仏印進駐は行なわれたのか
    ・海軍との壮絶な駆け引き
    ・予想を超えたアメリカの経済制裁
    ・独ソ開戦の影響
    ・いつ対米開戦を決意したのか ほか

    果たして陸軍の何が間違っていたのか、そもそも陸軍だけが悪いのか――
    雑誌『偕行』に掲載された、陸軍将校による座談会「大東亜戦争の開戦経緯」が初の書籍化。あの戦争を戦った陸軍軍人たちの本音とは。
    この座談会を昭和史研究の基礎資料として読み込んできた半藤一利氏による約4万字の書き下ろし解説を収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    半藤 一利(ハンドウ カズトシ)
    1930年生まれ。作家。文藝春秋に入社し、『週刊文春』『文藝春秋』などの編集長、専務取締役を歴任。昭和史研究の第一人者として知られ、著書多数

なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(文春新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:半藤 一利(編・解説)
発行年月日:2019/02/20
ISBN-10:4166612042
ISBN-13:9784166612048
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:317ページ
縦:18cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!