ビワコオオナマズの秘密を探る(琵琶湖博物館ブックレット) [全集叢書]
    • ビワコオオナマズの秘密を探る(琵琶湖博物館ブックレット) [全集叢書]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003097347

ビワコオオナマズの秘密を探る(琵琶湖博物館ブックレット) [全集叢書]

  • 2.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2019/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ビワコオオナマズの秘密を探る(琵琶湖博物館ブックレット) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ビワコオオナマズってどんな魚?
    第2章 ビワコオオナマズの産卵
    第3章 大変です!ビワコオオナマズ
    第4章 琵琶湖の主ビワコオオナマズの最大の敵
    第5章 ビワコオオナマズの繁殖戦略
    第6章 マナズの生育と養殖
  • 出版社からのコメント

    体長1メートル余のビワコオオナマズの産卵観察を続けるナマズ博士が、ナマズの生態や最大の敵、そして繁殖戦略を説く。
  • 内容紹介

    日本最大のナマズであるビワコオオナマズ研究の第一人者が、その生態を詳述。とりわけ、琵琶湖北部で産卵するものと思われていたビワコオオナマズが実は南湖の瀬田川近くで産卵する現場を発見したことから、産卵時期の真夜中の観察が続けられた。時には不審者に間違えられつつも、事実を隠しとおし観察を続けその実態を本書で明らかにする。
    ところが、ビワコオオナマズも近年は他の生物と同様漁獲は減少し、生育環境の悪化は決して安心していられるものではない。80年代には1か所で約200体のナマズが捕れたという話はまさに遠い昔のこととなった。一方、外来魚の繁殖でナマズの敵であったタマゴを狙う小魚も減少し、今や生態系の変化とともにビワコオオナマズの産卵場も変化してきた。ビワコオオナマズの大産卵を見て以来、ナマズ類の産卵観察を趣味としつつナマズを通して、環境とヒトの関係性にいたるまで論を進める。

    図書館選書
    体長1メートル余の日本最大のナマズ・ビワコオオナマズの産卵観察を続けるナマズ博士が、ナマズの生態や最大の敵、そして繁殖戦略を説く。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    前畑 政善(マエハタ マサヨシ)
    神戸学院大学人文学部教授。1951年、福井県生まれ。1974年、高知大学大学院栽培漁業学専攻・中退。同年4月から滋賀県県立琵琶湖文化館(淡水水族館)を経て1996年から滋賀県立琵琶湖博物館勤務。この間、日本産希少淡水魚の繁殖、オオクチバスの生態、ならびに水田魚類の研究に従事。2002年、京都大学博士(理学)取得
  • 著者について

    前畑 政善 (マエハタ マサヨシ)
    1951年、福井県大野市に生まれ。
    1974年、高知大学大学院栽培漁業学専攻・中退。
    同年4月から滋賀県県立琵琶湖文化館(淡水水族館)を経て1996年から滋賀県立琵琶湖博物館勤務。
    この間、日本産希少淡水魚の繁殖、オオクチバスの生態、ならびに水田魚類の研究に従事。
    2002年、京都大学博士(理学)取得。
    2011年神戸学院大学人文学部教授。

ビワコオオナマズの秘密を探る(琵琶湖博物館ブックレット) の商品スペック

商品仕様
出版社名:サンライズ出版 ※出版地:彦根
著者名:前畑 政善(著)
発行年月日:2019/02/20
ISBN-10:4883256553
ISBN-13:9784883256556
判型:A5
発売社名:地方・小出版流通センター
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:128ページ
縦:21cm
他のその他の書籍を探す

    その他 ビワコオオナマズの秘密を探る(琵琶湖博物館ブックレット) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!