ミツ [絵本]
    • ミツ [絵本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003097888

ミツ [絵本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:佼成出版社
販売開始日:2019/04/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 140660位

ミツ [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    つきのないはるのあらしの、よるでした。ミツとぼくとふたりいっしょの、よるでした。愛猫ミツとの別れを通し、「死別」という永遠のテーマを、著者独自の視点で深く掘り下げて描いた作品。
  • 出版社からのコメント

    愛猫「ミツ」の死がもたらした、作者・中野真典の感情の揺れ動きを、大胆な色彩と奔放な筆致で描き上げたアート感覚あふれる絵本。
  • 内容紹介

    絵本作家、中野真典が愛猫ミツとの別れを通し、「死別」という永遠のテーマを深く掘り下げて描いたスケールの大きな作品。自身の腕の中で逝ったミツ。でもほら、地面を見れば、空を見上げれば、ミツがいつだって笑ってる。そして、ぼくも笑う――。この世に存在するあらゆる“いのち”をまっすぐに見つめてきた作者の絵は、理屈や固定概念を軽々と超えて、わたしたちをミツのもとへと誘ってくれる。

    図書館選書
    「猫としてのからだ」は失っても、ミツはいつだって自分のそばで笑ってる――。絵本作家、中野真典が愛猫ミツとの別れを通し、「死別」という永遠のテーマを、著者独自の視点で深く掘り下げて描いたスケールの大きな作品。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中野 真典(ナカノ マサノリ)
    1975年、兵庫県生まれ。画家、絵本作家。大阪芸術大学在学中の1997年、SELF‐SOアートギャラリーにて初個展。卒業後保育士として勤めた後、本格的に作家活動に入る
  • 著者について

    中野真典 (ナカノマサノリ)
    1975年、兵庫県生まれ。画家、絵本作家。大阪芸術大学在学中の1997年、SELF-SOアートギャラリーにて初個展。卒業後保育士として勤めた後、本格的に作家活動に入る。京都・大阪・東京などを中心に展覧会を開催。絵本に『おもいで』(文・内田麟太郎)『おはなしトンネル』(共にイースト・プレス)、『りんごちゃん』(BL出版)、『かかしのしきしゃ』(理論社)、『どもるどだっく』(文・高山なおみ/ブロンズ新社)、『ほのちゃん』(WAVE出版)、『旅芸人の記録』(くちぶえ書房)などがある。

ミツ [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:佼成出版社
著者名:中野 真典(著)
発行年月日:2019/04/03
ISBN-10:4333028000
ISBN-13:9784333028009
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:日本文学小説
付録:有
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:23cm
横:25cm
厚さ:1cm
その他:巻末に、高山なおみ(聞き手)による、ミツに関する口述記録を収録

    佼成出版社 ミツ [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!