これからの「新しい栄養学」について語りましょう-身体を守るために今こそ知ってほしい栄養情報の教科書 [単行本]
    • これからの「新しい栄養学」について語りましょう-身体を守るために今こそ知ってほしい栄養情報の教科書 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月9日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003098510

これからの「新しい栄養学」について語りましょう-身体を守るために今こそ知ってほしい栄養情報の教科書 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月9日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書林
販売開始日: 2019/03/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

これからの「新しい栄養学」について語りましょう-身体を守るために今こそ知ってほしい栄養情報の教科書 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    沖縄で独自の栄養学を提唱する治療家と栄養学を研究する現職議員が繰り広げる白熱の健康議論。
  • 目次

    第1章 なぜ今、栄養なのか
    第2章 いちばん大事なもの――タンパク質の話
    第3章 酸化と隣り合わせの個性的な栄養素――脂質の話
    第4章 老化や病気を招く酸化ストレス――活性酸素の話
    第5章 代謝のために、なくてはならない微量栄養素――主にビタミンの話
    付 章 熱が栄養を届ける
  • 内容紹介

    世の中には多くの健康情報があふれていますが、誤ったものも含む様々な健康情報が氾濫している中で、
    「どんな食材(栄養)をどう摂ったらいいかわからない……」と悩む方も多いのではないかと思います。

    例えば、栄養とカロリーはまったく違うものです。体を構成する細胞や酵素、
    ホルモンや赤血球の材料となるものであり、私たちの体にとって最も重要なのは栄養なのです。
    正しい情報を知らないばかりにその栄養が適切に摂れてなく、結果として多くの人が
    「低栄養状態」になってしまっているのです。

    このような現状を踏まえ、本書では延べ15万人の人たちに温熱療法や栄養指導を行なってきた専門家、
    そして栄養学を学んだ参議院議員で医学博士でもある著者が正しい知識、情報に基づく
    栄養の摂り方について解説していきます。

    本書によって正しい栄養に関する情報を知り、適切な栄養指導や家庭での栄養摂取に
    役立てて頂きたいと思います。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    屋比久 勝子(ヤビク カツコ)
    1945年、沖縄県生まれ。日本統合医療学会(IMJ)会員、日本未病システム学会会員、ホルミシス臨床研究会会員

    秋野 公造(アキノ コウゾウ)
    1967年生まれ。参議院議員。医師・医学博士。長崎大学、横浜薬科大学、長崎外国語大学、広島大学大学院、北海道医療大学、福岡大学、長崎国際大学、福島県立医科大学、和歌山県立医科大学の客員教授、東北師範大学客座教授。1992年に長崎大学医学部を卒業。1996年に同大学院医学研究科修了。長崎大学、Cedars‐Sinai Medical Center、厚生労働省に勤務。2009年に東京空港検疫所支所長。厚生労働省を退職。2010年に第22回参議院議員通常選挙(比例代表区)にて当選。2012年に環境大臣政務官・内閣府大臣政務官。2014年に参議院災害対策特別委員長。2016年の第24回参議院議員通常選挙(比例代表区)にて2期目の当選。参議院法務委員長。2018年に参議院総務委員長
  • 著者について

    屋比久 勝子 (ヤビク カツコ)
    1945年、沖縄県生まれ。20年以上ピアノ教師を続けていたが、15年前に両親指が動かなくなり断念。外科、整形外科、ハリなどを何軒も訪れたが、原因不明で治療ができず悩んでいたところ、温熱療法に出会う。



    また、健康優良児で育ったにもかかわらず、20数年前に無理が重なり急性肺炎で入院。その時、輸血を受けたところ、今度は血清肝炎になって、総合病院で脾臓摘出を勧められる。しかし人間の身体には何ひとつ無駄な臓器はないはずだと確信し、摘出を拒否、自ら栄養学・中医学を学んだ経験を持つ。



    その後、従来の温熱療法を改良・発展させた独自の「琉球温熱療法」を確立。琉球温熱療法院代表として、健康維持を心がける人や難病を抱える人から絶大な信頼を得ている。加えて、沖縄県うるま市にある、財団法人おきなわ健康長寿研究開発センター付属「うるまライフケアクリニック」で、分子生理栄養学カウンセラーも担当している。日本統合医療学会(IMJ)会員、日本未病システム学会会員、ホルミシス臨床研究会会員。

これからの「新しい栄養学」について語りましょう-身体を守るために今こそ知ってほしい栄養情報の教科書 の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書林
著者名:屋比久 勝子(著)/秋野 公造(著)
発行年月日:2019/03/18
ISBN-10:4774517550
ISBN-13:9784774517551
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:247ページ
縦:19cm
横:13cm
他の現代書林の書籍を探す

    現代書林 これからの「新しい栄養学」について語りましょう-身体を守るために今こそ知ってほしい栄養情報の教科書 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!