源氏物語と平安朝漢文学 [単行本]
    • 源氏物語と平安朝漢文学 [単行本]

    • ¥7,700231ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003101267

源氏物語と平安朝漢文学 [単行本]

価格:¥7,700(税込)
ポイント:231ポイント(3%還元)(¥231相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勉誠出版
販売開始日: 2019/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

源氏物語と平安朝漢文学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    平安時代の文人貴族にとって、漢の思想・文化は、ある種の規範かつ憧憬の対象としてあった。なかでも白居易の詩文は日本に舶載されて以来、広く愛され、日本の漢文世界に深く根をおろすとともに、『源氏物語』などの物語文学を育む豊かな土壌となった。仮名文学が興隆して国風文化が開花し、また一方で、漢文学的な文化潮流が再興し頂点に達した一条朝の時代―その時代に花開いた和漢の作品を丁寧に読み込み、そこにあらわれる表現を丹念に分析することで、和の内なる漢のあり方、和漢の交響を文学史上に位置付ける。
  • 目次



    Ⅰ 白居易の文学と平安中期漢詩文
     第一章 一条朝前後の漢詩文における『白氏文集』諷諭詩の受容
       一 問題の所在
       二 平安時代中期における白居易諷諭詩受容の様相
       三 具平親王詩と白居易諷諭詩
       四 慶滋保胤の文
       おわりに
     第二章 菅原文時「封事三箇条」について
       はじめに
       一 文時意見封事の構成と内容
       二 結びの文言の不審
       三 白居易擬制の方法との関連
       おわりに
     第三章 一条朝文人の官職・位階と文学―大江匡衡・藤原行成・藤原為時をめぐって
       一 匡衡と行成の書状
       二 藤原行成および大江匡衡の詩
       三 藤原為時および大江匡衡の詩
     第四章 一条朝の文人貴族と惟宗允亮―源為憲詩を起点として
       はじめに
       一 源為憲詩と藤原行成『権記』
       二 惟宗允亮『政事要略』と白氏受容
     第五章 平安時代の「長恨歌」受容―金澤文庫本『白氏文集』の訓から
       はじめに
       一 「但教心似金鈿堅 天上人間会相見」の解釈 一―輪廻転生の発想
       二 「但教心似金鈿堅 天上人間会相見」の解釈 二―金澤文庫本の訓点
       三 金澤文庫本の訓点の由来 一―願文の表現
       四 金澤文庫本の訓点の由来 二―謫女仙の発想
       おわりに

    Ⅱ 『源氏物語』と漢詩文世界
     第一章 『源氏物語』准拠の手法と唐代伝奇・中唐の文学観
       はじめに
       一 唐代伝奇の手法
       二 中唐の文学観
       三 『源氏物語』の物語論と中唐の文学観
     第二章 『源氏物語』と中国文学史との交錯―不可知なるものへの語りの方法
       はじめに
       一 不可知なるものに対する合理的な態度
       二 不可知なるものに対する非合理的な態度
       三 『源氏物語』と唐代伝奇及び「長恨歌」
       おわりに
     第三章 『源氏物語』と史書の接点―童謡の方法
       はじめに
       一 賢木巻の正月司召について
       二 韻塞の負態の饗宴場面
       三 史書における「童謡」
       おわりに

    Ⅲ 白居易の文学と『源氏物語』
     第一章 中唐白居易の文学と『源氏物語』―諷諭詩と感傷詩の受容について
       一 白居易諷諭詩と『源氏物語』
       二 白居易恋愛詩と『源氏物語』―(一)感傷と諷諭
       三 白居易恋愛詩と『源氏物語』―(二)仏教に救いを求める姿勢
       おわりに
     第二章 『源氏物語』と「長恨歌」―正編から続編へ
       はじめに
       一 『源氏物語』と「長恨歌」
       二 桐壺巻の桐壺帝と「長恨歌」
       三 幻巻の光源氏と「長恨歌」
       四 宇治十帖世界の「長恨歌」
     第三章 朝顔巻の紫の上―月と人と 白居易詩のこころへ
       はじめに
       一 朝顔巻の紫の上歌について
       二 紫の上歌と「琵琶行」
       おわりに
     第四章 荒廃した邸宅と狐―『源氏物語』蓬生巻と白居易「凶宅」詩
       一 蓬生巻と白居易「凶宅」詩
       二 「凶宅」詩の受容について
       三 中世の受容との相違

    付 章 『紫式部日記』の思考の姿―白居易詩「身」と「心」詠との関連において
       はじめに
       一 池上の水鳥をみつめる白居易詩
       二 白居易「身」と「心」詠について
       三 白居易「身」と「心」詠と『紫式部日記』

    あとがき
    初出一覧
    索 引
  • 出版社からのコメント

    交響する和と漢
  • 内容紹介

    平安時代の文人貴族にとって、漢の思想・文化は、ある種の規範かつ憧憬の対象としてあった。
    なかでも白居易の詩文は日本に舶載されて以来、広く愛され、日本の漢文世界に深く根をおろすとともに、『源氏物語』などの物語文学を育む豊かな土壌となった。
    仮名文学が興隆して国風文化が開花し、また一方で、漢文学的な文化潮流が再興し頂点に達した一条朝の時代―。その時代に花開いた和漢の作品を丁寧に読み込み、そこにあらわれる表現を丹念に分析することで、和の内なる漢のあり方、和漢の交響を文学史上に位置付ける。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長瀬 由美(ナガセ ユミ)
    1975年生まれ。都留文科大学文学部国文学科教授。専門は平安朝文学
  • 著者について

    長瀬由美 (ナガセユミ)
    1975年生まれ。都留文科大学文学部国文学科教授。専門は平安朝文学。
    主な論文に「『源氏物語』と中唐白居易詩について」(『2014年パリ・シンポジウム 源氏物語とポエジー』青簡舎、2015年)、「『源氏物語』准拠の手法と唐代伝奇・中唐の文学観」(『中古文学』第95号、2015年6月)、「『源氏物語』と「長恨歌」―正編から続編へ」(『源氏物語 煌めくことばの世界 2』翰林書房、2018年)などがある。

源氏物語と平安朝漢文学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:勉誠出版
著者名:長瀬 由美(著)
発行年月日:2019/02/20
ISBN-10:4585291733
ISBN-13:9784585291732
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:309ページ ※296,13P
縦:22cm
他の勉誠出版の書籍を探す

    勉誠出版 源氏物語と平安朝漢文学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!