観光亡国論(中公新書ラクレ) [新書]
    • 観光亡国論(中公新書ラクレ) [新書]

    • ¥88527ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年7月19日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003101706

観光亡国論(中公新書ラクレ) [新書]

価格:¥885(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年7月19日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日:2019/03/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 1490位

観光亡国論(中公新書ラクレ) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    右肩上がりで増加する訪日外国人観光客。京都をはじめとする観光地へキャパシティを超える観光客が殺到し、交通や景観、住環境などでトラブルが続発する状況を前に、東洋文化研究者のアレックス・カー氏は「かつての工業公害と同じ」と指摘する。本書はその危機感を起点に世界の事例を盛り込み、ジャーナリスト・清野由美氏とともに建設的な解決策を検討する一冊。真の観光立国を果たすべく、目の前の観光公害を乗り越えよ!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ティッピング・ポイント―「立国」が「亡国」になるとき
    第2章 宿泊
    第3章 オーバーキャパシティ
    第4章 交通・公共工事
    第5章 マナー
    第6章 文化
    第7章 理念
  • 内容紹介

    右肩上がりで増加する訪日外国人観光客。12年の836万人から17年には2800万人を突破。政府の掲げる20年の4000万人突破も現実味を帯びてきた。一方で京都や富士山を初めとする観光地へ想定を越えた観光客が殺到したことで、交通や景観、住民環境や文化などを含め、多くのトラブルが露呈化し始めた。その状況を前に「まるでかつての工業公害だ」と指摘しているのが、京都に居を構え、自らその問題に向き合う東洋文化研究者・アレックス・カー氏だ。氏が今すぐ管理技術を高めないと「観光立国」のはずが「観光亡国」になる、と指摘した『中央公論』の記事は反響を呼んだ。
    本書はその指摘をベースに、その実態と対策について世界の最新状況を盛り込み、深く検討を重ねていく。そこに都市開発に造詣の深いジャーナリスト・清野氏が加わりシャープな指摘・提言を展開。日本の亡国化を防ぐため、今すぐ「観光公害」に備えよ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    カー,アレックス(カー,アレックス/Kerr,Alex)
    1952年、米国生まれ。東洋文化研究者。NPO法人「〓庵(ちいおり)トラスト」理事長。イェール大学日本学部卒、オックスフォード大学にて中国学学士号、修士号取得。64年、父の赴任に伴い初来日。72年に慶應義塾大学へ留学し、73年に徳島県祖谷(いや)で約300年前の茅葺き屋根の古民家を購入。「〓庵(ちいおり)」と名付ける。77年から京都府亀岡市に居を構え、90年代半ばからバンコクと京都を拠点に、講演、地域再生コンサル、執筆活動を行う。著書に『美しき日本の残像』(朝日文庫、94年新潮学芸賞)など

    清野 由美(キヨノ ユミ)
    ジャーナリスト。東京女子大学卒、慶應義塾大学大学院修了。ケンブリッジ大学客員研究員。出版社勤務を経て、92年よりフリーランスに。国内外の都市開発、デザイン、ビジネス、ライフスタイルを取材する一方で、時代の先端を行く各界の人物記事を執筆
  • 著者について

    アレックス・カー;清野 由美 (アレックス・カー キヨノユミ)
    1952年、米国生まれ。東洋文化研究者。64年から66年まで父の赴任に伴い、横浜に住む。74年、イェール大学日本学部卒業。72年から慶應義塾大学国際センターで日本語研修、74年から英国オックスフォード大学で中国学専攻、学士号と修士号取得。73年に徳島県祖谷で300年前の茅葺き屋根の農家を購入し、「?庵(ちいおり)」と名付ける。77年から京都府亀岡市に居を構え、86年から93年まで米トラメル・クロー社の日本代表。90年代半ばからバンコクと京都を拠点に、東洋文化に関する講演、通訳、執筆活動を行う。近年、京都、祖谷、長崎県小値賀(おぢか)町、奈良県十津川村などで古民家を改修し、滞在型観光事業を営む。著書『美しき日本の残像』(93年、新潮社/2000年朝日文庫)は新潮学芸賞受賞。

観光亡国論(中公新書ラクレ) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:アレックス カー(著)/清野 由美(著)
発行年月日:2019/03/10
ISBN-10:4121506502
ISBN-13:9784121506504
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:その他工業
言語:日本語
ページ数:220ページ
縦:18cm

    中央公論新社 観光亡国論(中公新書ラクレ) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!