モンパ-インド・ブータン国境の民 [単行本]
    • モンパ-インド・ブータン国境の民 [単行本]

    • ¥6,600198ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003104027

モンパ-インド・ブータン国境の民 [単行本]

価格:¥6,600(税込)
ポイント:198ポイント(3%還元)(¥198相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日:2019/03/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 11508位

モンパ-インド・ブータン国境の民 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    モンパとは誰のことか?ブータン・中国(チベット自治区)の国境地帯に住む、インドの指定部族モンパの現在を、衣装・伝統文化・言語・自治要求・観光の視点から明らかにする力作論考。
  • 目次

    口絵
    序章
     第一節 チベットとインドの狭間に生きるモンパ
     第二節 研究の視座
     第三節 現地での情報収集について
     第四節 本書の構成
    第一章 国境地帯に暮らすということ
     第一節 アルナーチャル・プラデーシュ州の概況
     第二節 アルナーチャル・プラデーシュ州の歴史
     第三節 タワン県、西カメン県の歴史とモンパ
     第四節 モンパとは誰のことか
     第五節 仏教以外の信仰
     第六節 モンパの生業
    第二章 民族表象としての衣服
     はじめに
     第一節 エスニック・シンボルとしての衣服
     第二節 モンパ女性の民族衣装
     第三節 新しく取り入れた民族衣装
     第四節 一枚布から貫頭衣という共通衣服へ
     第五節 腰当て布が表象するもの
     第六節 民族衣装の行方
    第三章 伝統文化と現代――タワン県を中心に――
     はじめに
     第一節  チベット仏教文化の定着――タワン僧院のトルギャ祭とドンギュル祭――
     第二節 国境をまたぐ民俗儀礼の現在――ヤク・チャムの事例から――
     第三節 伝統工芸の行方――モクトウの紙漉きの事例から――
    第四章  言語とアイデンティティ――ボーティ語教育とモン自治要求運動を事例として――
     はじめに
     第一節 北東インドとラダックにおける言語と自治地域要求運動の背景
     第二節 ボーティ文字・ボーティ語教育と第八附則要求
     第三節 文字の創造
     第四節 自治地域要求の目的と運動の経過
     第五節 大規模デモとさまざまな反応
    第五章 シャングリ・ラへの挑戦――国境地帯のツーリズムの現状と課題――
     はじめに
     第一節 観光人類学の視座
     第二節 インドの辺境開発――ルック・イーストからアクト・イーストへ――
     第三節 観光の現状
     第四節 聖地とツーリズム
     第五節 政治とツーリズム
    終章
    参考文献
    あとがき
    索引
  • 出版社からのコメント

    インド北東部の辺境に暮らす少数民族モンパの世界を、衣装・宗教・儀礼・言語・観光などを通じ、細密かつ生き生きと描き出した力作。
  • 内容紹介

    インド北東部の国境地帯に住む少数民族の世界を初めてヴィヴィッドに、かつ学術的に伝える。

    これまで、インドの北東部、チベットやブータンとの国境地帯に住む「モンパ」の人々について言及された研究書はごく僅か。日本でもほとんど紹介されていない民族である。
    モンパは、主にインドのアルナーチャル・プラデーシュ州のタワン県と西カメン県に住む約6万人の人々で、国境を挟んで、チベットやブータン側にも類似の言語を持つ人々が住んでいる。複数の言語を持つがそれを表記する文字を持たず、20世紀中葉まで民族としての集団形成も進んでいなかったが、独立後のインドに組み込まれ、「指定トライブ」として指定されてから半世紀の間に、少しずつ民族的アイデンティティの形成が進んできた。
    筆者は、約15年にわたって精力的な現地調査を続けながら、モンパの人々の集団形成の様相や文化の変化を見つめてきた。その成果を衣装・伝統文化・言語・自治要求・観光など多様な視点から提示し、その動態的な過程を考察する。
    カラー口絵16頁を含む図版多数。充実の参考文献。

    【主な内容】
    国境地帯の歴史とトライブ(部族)/一枚布から貫頭衣という共通衣服への民族衣装の変化/チベット仏教文化の定着としての祭/国境をまたぐ民俗儀礼の変貌/伝統工芸・紙漉きの行方/ボーティ語教育とモン自治要求運動/「シャングリ・ラ」イメージによるツーリズム開発 など

    図書館選書
    インド北東部の辺境地帯で暮らすモンパの民が、一つの民族としてのアイデンティティを模索し始める様を、衣装・宗教・儀礼・言語・観光などを通じ、圧倒的な調査・取材力で細密かつ生き生きと描いたフィールドワークの力作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    脇田 道子(ワキタ ミチコ)
    1951年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。旅行会社に28年間勤務した後、大学院へ。2006年、立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了。2014年、慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、日本ブータン研究所研究員。専攻は、文化人類学、及び南アジア地域研究。インドのアルナーチャル・プラデーシュ州、ブータン東部を中心に調査・研究を継続中
  • 著者について

    脇田 道子 (ワキタ ミチコ)
    1951年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。旅行会社に28年間勤務した後、大学院へ。2006年、立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了。2014年、慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、日本ブータン研究所研究員。専攻は、文化人類学、及び南アジア地域研究。インドのアルナーチャル・プラデーシュ州、ブータン東部を中心に調査・研究を継続中。主な論文は、「民族衣装を読む――インド、アルナーチャル・プラデーシュのモンパの事例から――」(鈴木正崇編『森羅万象のささやき――民俗宗教研究の諸相――』風響社、2015年)。「ブータン東部におけるツーリズム導入に関する一考察」(『慶應義塾大学大学院社会学研究科研究紀要』、2010年)など。

モンパ-インド・ブータン国境の民 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:脇田 道子(著)
発行年月日:2019/03/20
ISBN-10:4831862401
ISBN-13:9784831862402
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:589ページ ※580,9P
縦:22cm
厚さ:4cm
重量:981g

    法蔵館 モンパ-インド・ブータン国境の民 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!