幸運を探すフィリピンの移民たち-冒険・犠牲・祝福の民族誌 [単行本]
    • 幸運を探すフィリピンの移民たち-冒険・犠牲・祝福の民族誌 [単行本]

    • ¥5,500165ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年2月28日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003108718

幸運を探すフィリピンの移民たち-冒険・犠牲・祝福の民族誌 [単行本]

価格:¥5,500(税込)
ポイント:165ポイント(3%還元)(¥165相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年2月28日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:明石書店
販売開始日: 2019/03/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

幸運を探すフィリピンの移民たち-冒険・犠牲・祝福の民族誌 の 商品概要

  • 目次

    序章 冒険とつながりの民族誌に向けて
     一 サパラランとの出会い
     二 幸運探しとしての移動
     三 移民と故地とのつながり再考
     四 調査方法と用語について

    第一部 サマール島における人の移動

    第一章 サパラランの歴史・地理的背景
     一 「数多くの島からなる島」の人びと
     二 島の歴史と人の移動(1)――開拓移民の受け入れ
     三 島の歴史と人の移動(2)――都市での機会を求めて
     四 島の歴史と人の移動(3)――国際移民の増加

    第二章 バト村の人びとの暮らしと移動
     一 バト村の概況
     二 村の形成とその後の変遷
     三 村人の移動の多様性
     四 生きかたの一部としての移動

    第二部 運命とサパララン

    第三章 移動・豊かさ・リスク
     一 サパラランとは
     二 空間と移動――富の偏在とリスク
     三 サパララン前線としてのマニラ(1)――「マニラ」の登場から分村成立まで
     四 サパララン前線としてのマニラ(2)――新たな場所への挑戦

    第四章 サパラランの過程
     一 旅立ちとサクリピショ
     二 幸運探しの方法
     三 幸運の獲得
     四 サパラランに対する評価

    第三部 幸運を通じたつながり

    第五章 祈りの世界のサパララン
     一 村人の生活のなかの信仰
     二 人の運命を変える力
     三 幸運とモラリティ
     四 神とのつながり、人とのつながり

    第六章 ブオタン精神がつなぐ移民と村の人びと
     一 村の社会関係――家族・親族・食の共有をめぐって
     二 生を支え合う者同士としてつながる移民と家族
     三 幸運者のフィエスタ帰省と幸運の分け与え
     四 幸運の分け与えのジレンマ

    第四部 つながりの揺らぎと再編

    第七章 都市で暮らす移民の間の「分け与え」と「自立」
     一 成功者の間にみられる理念
     二 相互扶助と自助努力の狭間で
     三 噂によるコントロール
     四 複数の理念の間を巧みに生き抜く

    第八章 「村」を離れる人びと
     一 移民二世にとってのバト村とは
     二 中間層住宅地で暮らす家族に起きた変化
     三 国際移民の村との多様なつながりかた
     四 移民と村とのつながり再考

    終章 グローバル化時代における幸運とつながり
     一 サパララン・モデルの汎用性
     二 グローバル化時代の「幸運」研究
     三 幸運を通じたつながりの関係性のなかで
     四 移動文化を支えるつながりのダイナミズム

     注
     あとがき
     参照文献
     事項索引
     人名索引
  • 内容紹介

    フィリピン国民の1割が国外で働いていると言われるが、彼らの移動は経済的な理由だけで説明可能なのか。同国の歴史的・地域的背景を明らかにしながら、「幸運探し(サパララン)」のために移動する人々の姿を描き出し、労働移動を捉える新たな側面を提示する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細田 尚美(ホソダ ナオミ)
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科一貫制博士課程修了。博士(地域研究)。現在:京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科助教。専攻:文化人類学、東南アジア地域研究
  • 著者について

    細田 尚美 (ホソダ ナオミ)
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科一貫制博士課程修了。博士(地域研究)
    現在:京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科助教
    専攻:文化人類学,東南アジア地域研究
    主な業績
    『湾岸アラブ諸国の移民労働者――「多外国人国家」の出現と生活実態』(編著,明石書店,2014年)
    Asia Inside Out: Changing Times(共著,Harvard University Press,2015年)
    International Migration in Southeast Asia: Continuities and Discontinuities(共著,Springer,2016年)

幸運を探すフィリピンの移民たち-冒険・犠牲・祝福の民族誌 の商品スペック

商品仕様
出版社名:明石書店
著者名:細田 尚美(著)
発行年月日:2019/02/28
ISBN-10:4750347957
ISBN-13:9784750347950
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:395ページ
縦:22cm
他の明石書店の書籍を探す

    明石書店 幸運を探すフィリピンの移民たち-冒険・犠牲・祝福の民族誌 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!