小売構造ダイナミクス [単行本]
    • 小売構造ダイナミクス [単行本]

    • ¥4,104247ポイント(6%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003109354

小売構造ダイナミクス [単行本]

価格:¥4,104(税込)
ポイント:247ポイント(6%還元)(¥247相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2019/03/07
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 87602位

小売構造ダイナミクス [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    なぜ日本の食品スーパーは力強く生き残れるのか。日本の食品小売市場において、グローバル小売企業が苦戦を強いられるのはなぜなのか。日本の食品小売市場がもつ地域多様性と、それを維持・再生産する小売競争と現場の組織能力を浮き彫りにし、今後の小売構造の行く末を指し示す力作。新たな方法論についても議論を展開。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 問題意識と本書の構成
    第1章 日本の小売構造の特質と研究の系譜―マクロデータの整理と既存研究から見る日本の小売市場の特質
    第2章 小売構造と消費市場の相互作用―食料品を扱う業態において市場集中度が高まらない理由の考察
    第3章 小売市場内での小売業者間の競争―学習を伴う創造的競争はいかにして可能か
    第4章 本書の分析視点と定量分析の課題・方法
    第5章 顧客満足の規定因1―統計アプローチ
    第6章 顧客満足の規定因2―集合論アプローチ
    第7章 小売組織内での知識創造―小売店頭の知識創造モデル(r‐SECIモデル)
    第8章 店頭従業員の進取的行動―現場での創造性とモチベーション
    第9章 店頭従業員の能力獲得―個人要因と集団要因の影響
    終章 結論と展望
  • 内容紹介

    グローバル化し,競争が激化する中でも,なぜ日本の食品小売市場でグローバル小売企業は苦戦を強いられるのか。日本の食品スーパーがもつ地域多様性と現場の組織能力による強みを浮き彫りにし,今後の小売構造の行く末を指し示す力作。方法論の解説も充実。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    横山 斉理(ヨコヤマ ナリマサ)
    法政大学経営学部・経営学研究科教授。神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(商学)。専門分野:流通・マーケティング

小売構造ダイナミクス [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:横山 斉理(著)
発行年月日:2019/02/25
ISBN-10:4641165440
ISBN-13:9784641165441
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:254ページ
縦:22cm

    有斐閣 小売構造ダイナミクス [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!