死と愛 新版-ロゴセラピー入門 [単行本]
    • 死と愛 新版-ロゴセラピー入門 [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003110479

死と愛 新版-ロゴセラピー入門 [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2019/04/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

死と愛 新版-ロゴセラピー入門 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人生の意味を求めて苦悩する患者に医師ができることは何か。自らの強制収容所体験が生んだ「医師による魂の癒し」の方法論を説く、フランクルのライフワーク。
  • 目次

    第一章 心理療法からロゴセラピーへ
    第二章 精神分析から実存分析へ
      第一節 一般的実存分析
      一 人生の意味
        死の意味
        強制収容所の心理
      二 苦悩の意味
      三 労働の意味
      四 愛の意味
      第二節 特殊実存分析
      (a) 不安神経症の心理
      (b) 強迫神経症の心理
      (c) 鬱病の心理
      (d) 統合失調症の心理
    第三章 心理的告白から医師による魂の癒しへ

    訳者あとがき
    解説 河原理子
  • 出版社からのコメント

    人生について、愛について、苦悩について。態度価値とは? 『夜と霧』と並ぶフランクルの主著を読みやすくなった新版・解説付。
  • 内容紹介

    フロイトの精神分析やアドラーの個人心理学による心理療法は、苦悩しながら人生の意味を求めようとする患者に対応できるのか、そのためには「精神的なものからの心理療法」が必要ではないか。若い頃からフランクルはこのように考え、「ロゴセラピー」と名づけた独自の療法を生み出そうとしていた。この構想は、強制収容所体験をへて鍛えられ、解放後の1946年に刊行された本書『死と愛』となって結実する。そして、本書で描かれた「強制収容所の心理」の部分をもとに一気に口述筆記されたのが、『夜と霧』である。
    『夜と霧』と並ぶフランクルの主著を、新版で刊行。人生の意味、苦悩の意味、労働の意味、愛の意味などについて語りながら、人間がもちうる態度価値の重要性を訴え、医師として、宗教者にも似た、人の魂への働きかけの大切さと方法を説いた本書は、著者の仕事の出発点であり、終着点でもあった。
    日本では『夜と霧』の翌年1957年に霜山徳爾訳で刊行され、以来長年読まれてきたが、今回、従来の版を新たに組み直し、用語や表記に手を加えて、読みやすくした。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フランクル,ヴィクトール・E.(フランクル,ヴィクトールE./Frankl,Viktor Emil)
    1905‐1997。ウィーンに生れる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウィーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴセラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿

    霜山 徳爾(シモヤマ トクジ)
    1919‐2009。東京に生れる。1942年、東京大学文学部心理学科卒業。宗教哲学・心理学専攻。上智大学名誉教授
  • 著者について

    ヴィクトール・E・フランクル (ヴィクトールフランクル)
    1905-1997。ウィーンに生れる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウィーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴセラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿。著書『夜と霧』『死と愛』『時代精神の病理学』『精神医学的人間像』『識られざる神』『神経症』(以上、邦訳、みすず書房)『それでも人生にイエスと言う』『宿命を超えて、自己を超えて』『フランクル回想録』『〈生きる意味〉を求めて』『制約されざる人間』『意味への意志』『人間とは何か――実存的精神療法』(以上、邦訳、春秋社。なお『人間とは何か』は、『死と愛』原書第11版に基づいた邦訳)。

    霜山徳爾 (シモヤマトクジ)
    1919-2009。東京に生れる。1942年、東京大学文学部心理学科卒業。宗教哲学・心理学専攻。上智大学名誉教授。著書 『人間の限界』(岩波新書、1975)、『人間へのまなざし』(中公叢書、1977)、『霜山徳爾著作集』(全7巻、学樹書院、1999-2001)、『素足の心理療法』(みすず書房、1989、《始まりの本》、2012)。訳書 フランクル『夜と霧』(1956)、『死と愛』(1957)、『神経症』II(共訳、1961)、メダルト・ボス『東洋の英知と西欧の心理療法』(共訳、1972、以上みすず書房)。

死と愛 新版-ロゴセラピー入門 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ヴィクトール・E. フランクル(著)/霜山 徳爾(訳)
発行年月日:2019/04/16
ISBN-10:4622087944
ISBN-13:9784622087946
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:277ページ
縦:20cm
重量:360g
その他: 原書名: ¨ARZTLICHE SEELSORGE〈Frankl,Viktor Emil〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 死と愛 新版-ロゴセラピー入門 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!