アメリカに日本のマンガを輸出する [単行本]
    • アメリカに日本のマンガを輸出する [単行本]

    • ¥2,808169ポイント(6%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003112507

アメリカに日本のマンガを輸出する [単行本]

価格:¥2,808(税込)
ポイント:169ポイント(6%還元)(¥169相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2019/03/14
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 39697位

アメリカに日本のマンガを輸出する [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    Manga市場は、いかにして立ち上げられたか?“異文化ゲートキーパー”が文化製品の海外進出に果たす役割とは?
  • 目次

    第1章 背景:政策的課題となったポップカルチャーの海外進出
    第2章 理論:異文化ゲートキーパーとスティグマ
    第3章 調査:データの概要と背景知識
    第4章 前史:商業出版以前(~1986年頃)
    第5章 黎明:アメコミスタイルのマンガ出版からのスタート(1987~2001年頃)
    第6章 成長:「日本開き」のマンガ出版とチャネルの拡大(2002~2007年頃)
    第7章 停滞:電子出版モデルの出現(2008~2014年頃)
    第8章 障壁:進出先の文化規範とステレオタイプに対するスティグマ管理
    第9章 比較:フランス市場との違い
    第10章 議論:異文化ゲートキーパーの存在意義と求められる能力
    付録A ブームとしての「クール・ジャパン」:ポップカルチャーをめぐる中央官庁の政策競争/付録B マンガ書誌データベースの詳細/付録C インタビュー一覧/付録D 関連年表
  • 内容紹介

    機能や性能が分かりやすい製品とは違い,「何が面白いか」は国や文化によって異なる。にもかかわらず,日本の文化から生まれたマンガがなぜアメリカ人に読まれるようになったのか? 文化製品のグローバル・マーケティングに立ちはだかる問題に示唆を与える。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松井 剛(マツイ タケシ)
    一橋大学大学院経営管理研究科教授。2000年、一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。一橋大学大学院商学研究科専任講師、同助教授、准教授を経て、2013年より教授、2018年より現職。2007年8月~2009年3月、プリンストン大学社会学部客員フェロー(2007~2008年、安倍フェロー)

アメリカに日本のマンガを輸出する [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:松井 剛(著)
発行年月日:2019/03/15
ISBN-10:4641165246
ISBN-13:9784641165243
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:275ページ
縦:22cm

    有斐閣 アメリカに日本のマンガを輸出する [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!