防災と支援〔被災地から未来を考える2〕 [単行本]
    • 防災と支援〔被災地から未来を考える2〕 [単行本]

    • ¥5,292318ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年5月27日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003112509

防災と支援〔被災地から未来を考える2〕 [単行本]

価格:¥5,292(税込)
ポイント:318ポイント(6%還元)(¥318相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年5月27日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2019/03/11
ご確認事項:返品不可

防災と支援〔被災地から未来を考える2〕 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    被災地は市民社会とともにある。毎年のように起こる大きな自然災害と、私たちはどのように向きあうべきなのだろう。東日本大震災を受けて重ねられてきた、社会学の知見を市民にひらく。
  • 目次

    第Ⅰ部 防災パラダイムの転換
     第1章 これまでの防災パラダイム
     第2章 津波の避難行動から
     第3章 災害対策と「想定外」
     第4章 津波被災の地域社会への埋込み
     第5章 ポスト3.11・原発防災パラダイムの再構築に向けて
     第6章 防災パラダイムの転換へ
    第Ⅱ部 支援パラダイムの転換と市民社会
     第7章 支援パラダイムの転換
     第8章 自治体間支援の展開
     第9章 地域社会におけるガバナンス型支援の創発・展開
     第10章 支援パラダイムの転換とその社会的基盤
  • 内容紹介

    「防災」についての考えかたが,転換を迫られている。従来の方法では東日本大震災のような大規模な被災は防げない。従来の想定に基づく対策が,逆に被害を拡大してしまう可能性をふまえ,地域社会がいかに適応していくべきか,社会学の知見で検討する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 重好(タナカ シゲヨシ)
    尚絅学院大学総合人間科学部教授、名古屋大学名誉教授

    黒田 由彦(クロダ ヨシヒコ)
    椙山女学園大学文化情報学部教授

    横田 尚俊(ヨコタ ナオトシ)
    山口大学人文学部教授

    大矢根 淳(オオヤネ ジュン)
    専修大学人間科学部教授

防災と支援〔被災地から未来を考える2〕 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:田中 重好(編)/黒田 由彦(編)/横田 尚俊(編)/大矢根 淳(編)
発行年月日:2019/03/10
ISBN-10:4641174393
ISBN-13:9784641174399
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:359ページ
縦:22cm

    有斐閣 防災と支援〔被災地から未来を考える2〕 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!