うちの執事が言うことには(角川つばさ文庫 B た 2-1) [新書]

販売休止中です

    • うちの執事が言うことには(角川つばさ文庫 B た 2-1) [新書]

    • ¥79248ポイント(6%還元)
100000009003113377

うちの執事が言うことには(角川つばさ文庫 B た 2-1) [新書]

高里 椎奈(著)ロク(画)
  • 5.0
価格:¥792(税込)
ポイント:48ポイント(6%還元)(¥48相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/04/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

うちの執事が言うことには(角川つばさ文庫 B た 2-1) の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    2019年5月実写映画公開! 主人&執事コンビの上流階級ミステリー!
  • 内容紹介

    日本がほこる名門・烏丸家の当主となった
    花穎は、まだ18歳。
    とつぜん引退を宣言し、
    ゆくえが分からなくなった父にかわって
    急いで留学先のイギリスから帰国する。
    家で待っていたのは、
    花穎がだれよりも信頼する執事・鳳ではなく、
    見知らぬ若い男だった……。
    衣更月と名のる、その人物は、
    自分が烏丸家の新しい執事だ、と言うが、
    花穎のことを、主人と認めていないようで――!?

    若き主人と新米執事。
    息の合わない<不本意コンビ>がつくりだす、
    上流階級ミステリーが角川つばさ文庫に登場!

    図書館選書
    烏丸家の新しい当主・花穎はまだ18歳。信頼する執事・鳳と過ごせると信じて留学先から帰国したが、なぜか花穎を迎えたのは衣更月という見知らぬ青年で……。若き当主と新執事、不本意コンビ誕生!
  • 著者について

    高里 椎奈 (タカサト シイナ)
    茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。

    ロク
    射手座のB型。東京在住。クールでかっこいい作風のイラストレーター。本作が書籍イラストのデビュー作。

うちの執事が言うことには(角川つばさ文庫 B た 2-1) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:高里 椎奈(著)/ロク(画)
発行年月日:2019/04
ISBN-10:4046318600
ISBN-13:9784046318602
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:246ページ
縦:18cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA うちの執事が言うことには(角川つばさ文庫 B た 2-1) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!