客家(ハッカ)―歴史・文化・イメージ [単行本]
    • 客家(ハッカ)―歴史・文化・イメージ [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003114307

客家(ハッカ)―歴史・文化・イメージ [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2019/05/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 197629位

客家(ハッカ)―歴史・文化・イメージ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    客家とは誰か、客家文化とは何か?文献研究とフィールドワークから、その歴史・文化を検証し「客家像」がいかにつくられ、また、つくられつつあるのかを解き明かす。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 歴史と地理(客家のルーツ
    客家の人口と分布
    世界客都 梅州(梅県) ほか)
    第2部 生活と習慣(家族と親族
    年中行事と祭り
    人生儀礼とジェンダー ほか)
    第3部 表象とアイデンティティ(客家語
    宣教師がみた客家と客家語
    客家イメージ ほか)
  • 内容紹介

    客家地域におけるフィールドワークおよび文献調査に基づき、「多様性」「現実性」をモチーフとしながら、客家の歴史・文化・イメージを三部に分けて紹介する。大陸中国、台湾のほか東南アジア、オセアニアに居住するの客家についても言及。約100点の写真・図版を使い、さまざまな視点から客家に関する網羅的な情報を盛り込んでいる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    飯島 典子(イイジマ ノリコ)
    広島市立大学国際学部准教授。博士(歴史学)。1998年、一橋大学博士課程修了。専攻は歴史学、客家社会研究。1990年代初期、当時まだ日本でさして注目されなかった客家、というテーマに新たなアジア研究の可能性を見いだし、台湾を手始めに中国と東南アジアを中心にフィールドワーク、文献研究の両面から歴史研究を進めてきた

    河合 洋尚(カワイ ヒロナオ)
    国立民族学博物館グローバル現象研究部/総合研究大学院大学文化研究科准教授。博士(社会人類学)。2009年、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。専攻は社会人類学、漢族研究、環太平洋客家研究。大学在学中に兵庫県で調査をおこない、はじめて客家と出会う。社会・文化人類学の視点から、中国南部をはじめ、東南アジア、オセアニア、アメリカ大陸でフィールドワークを重ね、客家の文化、社会、景観にまつわる調査をおこなってきた

    小林 宏至(コバヤシ ヒロシ)
    山口大学人文学部准教授。博士(社会人類学)。2013年首都大学東京大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。専攻は社会人類学、中国漢族研究、客家社会研究。大学在学中に土楼と出会い文化人類学的な調査を行うことを始める。2007年に首都大学東京の大学院に進学し、2008年~2010年にかけて厦門大学に高級進修生として在籍。1年半にわたり土楼に居住するなど、客家の建築をはじめさまざまな分野でのフィールドワークを重ねてきた
  • 著者について

    飯島典子 (イイジマノリコ)
    広島市立大学国際学部准教授

    河合洋尚 (カワイヒロナオ)
    国立民俗学博物館グローバル現象研究部准教授

    小林宏至 (コバヤシヒロシ)
    山口大学人文学部准教授

客家(ハッカ)―歴史・文化・イメージ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:飯島 典子(著)/河合 洋尚(著)/小林 宏至(著)
発行年月日:2019/05/25
ISBN-10:476845853X
ISBN-13:9784768458532
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:220ページ
縦:22cm

    現代書館 客家(ハッカ)―歴史・文化・イメージ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!