最新 図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本 [単行本]
    • 最新 図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本 [単行本]

    • ¥1,922116ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年4月24日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003114624

最新 図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本 [単行本]

価格:¥1,922(税込)
ポイント:116ポイント(6%還元)(¥116相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年4月24日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ソーテック社
販売開始日:2019/03/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 10211位

最新 図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    スマートシティ構想、AI&ARと融合するIoT、必須のビジネススキルを把握する、LPWA長距離通信、生活を激変させるIoT製品、災害や事故を予防するIoT。5Gで激変するIoT、最新動向と必須知識をゼロから理解!トヨタが放つコネクティッドカー、OKIの無線で変わるスマート農業、コマツが取り組む林業活性化支援…活用事例を多数紹介!
  • 目次

    刊行によせて――IoTが世界を変える
    はじめに

    第1章 IoTの基礎知識と最新動向
    1-1 そもそもIoTとは?
    Column ユビキタス・IoTの歴史
    1-2 5Gで激変するIoT
    Column スポーツ観戦を変える5Gの実験
    1-3 IoTの市場規模はどのくらい?
    Column 働き方改革とIoT
    1-4 経済産業省の分析から見るIoT技術への期待度
    1-5 ハイプ・サイクルから見るIoT技術への期待度
    1-6 IoT製品・サービスがカバーする範囲
    1-7 IoT市場を構成する5レイヤーと7つのテクノロジー
    1-8 M2MとIoTの違い
    1-9 日本企業におけるIoT導入の現状
    1-10 日本のIoT普及率
    1-11 日本はアメリカの5年遅れ
    1-12 IT人材不足とIoT
    1-13 IoTは長期のトレンド

    第2章 IoTを支える知識とビジネススキル
    2-1 IoTプロデューサーの必要性
    2-2 IoTプロデューサー必須のスキルと知識
    2-3 センサーの基礎知識
    2-4 ネットワークの基礎知識
    2-5 近距離通信の基礎知識
    Column 世界文化遺産「軍艦島」のモニタリング
    2-6 5Gとはどのような通信規格なのか
    2-7 長距離通信LPWAとは何か
    Column LPWAに見られる920MHz帯無線通信とは
    2-8 Sigfox、LoRaWAN、Wi-SUN
    2-9 NB-IoT、LTE Cat.M1
    2-10 クラウドの基礎知識
    2-11 クラウドを利用するメリット
    2-12 IoTプラットフォーム総まとめ
    2-13 IoTシステム構築における課題
    Column IoTはどの産業分類か?

    第3章 IoTで変わる製品とサービス
    3-1 IoT製品・サービスの適用分野を見渡そう
    3-2 見守りから家電の自動化まで「スマートホーム」
    3-3 ネットワークですべてがつながる「スマート家電」
    Column 見守りは浄水器で
    3-4 エネルギー管理システム「HEMS」
    Column スマートメーターの普及
    3-5 EV・タイヤ・充電スタンド…クルマのIoT化
    Column セキュリティ面に課題
    3-6 健康への意識を高めるヘルスケア・スポーツのIoT
    Column 医療向けにも活用できるウェアラブル端末
    3-7 オンライン診察は当たり前 医療のIoT化
    Column 開発中止になったGoogleコンタクトレンズ
    3-8 燃料費やCO2を大幅削減「スマートゴミ箱」
    3-9 海外の業界別IoT活用事例

    第4章 IoTで激変する産業
    4-1 経済産業省・総務省「IoT推進コンソーシアム」
    Column 国内IoT関連コンソーシアム
    4-2 総務省「IoTサービス創出支援事業」
    4-3 国土交通省「技術基本計画」
    4-4 内閣府「Society 5.0」
    4-5 地域の取り組み
    Column 東京都産業技術センター
    Column 佐賀市のIoT活用事例
    4-6 インダストリー4.0とは何か
    Column さまざまな「新・産業革命」
    4-7 施工の可視化から保守点検まで「建築業」
    Column ビルの維持管理業務のためのIoT
    4-8 IoT導入実績が数多い「製造業」
    4-9 コネクティッドカーに注目が集まる「自動車産業」
    Column 自動車工場のIoT化
    4-10 IoTでスマートに変わる「農業」
    4-11 サプライチェーン化を目指す「林業」
    Column 新聞広告から伝わる「スマート林業」への意気込み
    4-12 漁業・水環境の改善に挑む「水産業」

    第5章 IoTをビジネスにどう活かすか
    5-1 IoT導入のための基礎知識
    5-2 IoTビジネスのための基礎知識
    5-3 プロダクトをリリースするまでの道のり
    5-4 PoCを有効活用する
    Column なぜPoCで終わるのか?
    5-5 プロトタイピングとは何か
    5-6 プロトタイピングの実践
    5-7 量産からリリースまでの道のり
    Column 大量産化の壁
    5-8 IoTにおけるデザインの重要性 213
    Column IoTプロトタイプ製作見積もりサービス、デザイン見積もりサービス
    5-9 中小企業へのサポートと補助金の申請
    5-10 中小企業向けIoT導入支援を利用する
    5-11 個人事業主・スタートアップ・ベンチャー向けのIoT導入支援
    5-12 協業するなら知っておきたいオープンイノベーション
    Column ベンチャーの死の谷
    5-13 クラウドファンディング
    5-14 IoT関連イベントからビジネスの「気づき」を得る
    5-15 IoTコミュニティからビジネスの「気づき」を得る
    5-16 コワーキングスペースからビジネスの「気づき」を得る

    あとがき
    索引
  • 内容紹介

    5Gで私たちの生活は、仕事は、IoTはどう変わるのか?
    IoTビジネスの基本、最新動向、活用事例を徹底解説!

    「そもそもIoTって何?」「ビジネスにどう活かせるの?」という知識ゼロのビジネス・パーソン、
    また「これからIoTに挑戦しよう」と野心に燃える経営者を対象に、最新動向、基礎知識、通信技術などを、
    豊富な活用事例を交えながらトータルに解説します。

    特に、2020年のオリンピック・パラリンピックを見据えて整備が進められている「5G」について、
    基本スペックから想定される用途まで徹底解説しています。

    ◎第1章「IoTの基礎知識と最新動向」
    IoTの市場規模、期待度、導入率、日本と欧米との比較、人材不足といったさまざまな側面から、
    IoTビジネスを始める前に知っておくべき「基礎知識」について、最新動向を踏まえて解説します。

    ◎第2章「IoTを支える知識とビジネススキル」
    日本のIoT業界を支えるプロデューサーに必須のスキルを紹介し、そうした人材が有すべき「技術的知識」を中心に解説します。
    また、5GやLPWAといった通信規格の詳細にも触れます。

    ◎第3章「IoTで変わる製品とサービス」
    すでに商用化された製品やサービスを紹介します。
    私たちの生活にとって身近な製品から、意外なサービスまで幅広くこの分野の成果を知っていただけると思います。

    ◎第4章「IoTで激変する産業」
    IoTを社会課題の解決に活用しようとする政府や行政の取り組み、また自動車、建築業、製造業、水産業、林業、農業といった各産業におけるIoTを活用した取り組みについて紹介します。

    ◎第5章「IoTをビジネスにどう活かすか」
    おもに中小企業・小規模事業者に向けて、国や行政、商工会議所などの事業支援を紹介しながら、ビジネスとしてIoTをどう計画し、実践していけばよいのかを解説します。

    序文には、慶應義塾大学総合政策学部教授・國領二郎氏の推薦文も掲載!
    IoTビジネスについて幅広い知識を得たい、すべての人にオススメです。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    神谷 雅史(カミヤ マサフミ)
    株式会社CAMI&Co.代表取締役CEO。IoTプロデューサー兼コンサルテント。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業後、同大学院修了(國領二郎研究室)。日本ユニシス株式会社総合技術研究所でロボット・IT・観光を研究後、アクセンチュア株式会社、経営戦略部門を経て、株式会社CAMI&Co.を設立。ほかに、KDDI∞ラボ社外アドバイザー、都立産業技術研究センターIoT支援委員会委員、大阪市アクセラレーションプログラム専門家メンター、企業顧問なども務める

最新 図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ソーテック社
著者名:神谷 雅史(著)/CAMI&Co.(著)
発行年月日:2019/03/31
ISBN-10:480071222X
ISBN-13:9784800712226
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:247ページ
縦:21cm

    ソーテック社 最新 図解で早わかり IoTビジネスがまるごとわかる本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!