ブリティッシュ・ワールド―帝国紐帯の諸相(明治大学国際武器移転史研究所研究叢書) [単行本]
    • ブリティッシュ・ワールド―帝国紐帯の諸相(明治大学国際武器移転史研究所研究叢書) [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月20日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003114740

ブリティッシュ・ワールド―帝国紐帯の諸相(明治大学国際武器移転史研究所研究叢書) [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月20日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済評論社
販売開始日:2019/03/09
ご確認事項:返品不可

ブリティッシュ・ワールド―帝国紐帯の諸相(明治大学国際武器移転史研究所研究叢書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ポスト・ブレクジット時代の新たなイギリス帝国史研究の嚆矢。感情的・経済的・軍事的紐帯の関係に注目しながら、イギリス帝国からコモンウェルスへの歴史的変化を考察する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    総論 ブリティッシュ・ワールド論の射程
    第1章 ブリテン・アイルランド間の民兵互換―ブリティッシュ・ワールド「本国」における紐帯
    第2章 インドにおけるイギリス自由主義的帝国主義
    第3章 時計時間の移植と管理―イギリス帝国の植民地天文台と時報技術
    第4章 ジェントルマン資本主義論が言わずにすませ、見ずにすませていること―ブリティッシュ・ワールド論との関連で
    第5章 帝国特恵関税同盟構想の理想と現実―ジョゼフ・チェンバレンのヴィジョンの挫折
    第6章 カナダ自由党と自由主義的帝国主義論
    第7章 コモンウェルスという神話―殖民・植民地主義、大ブリテン構想、ラウンド・テーブル運動をめぐる系譜学
    第8章 第二次大戦戦時中にブリティッシュなるものを放送する―ラジオとブリティッシュ・ワールド
    第9章 アトリー政権期のコモンウェルス防衛と南アジア
    第10章 独立後インドの「軍事的自立化」とイギリスの位置
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹内 真人(タケウチ マヒト)
    ロンドン大学大学院(キングス・カレッジ)博士課程修了(Ph.D.(History))。現在、日本大学商学部准教授

ブリティッシュ・ワールド―帝国紐帯の諸相(明治大学国際武器移転史研究所研究叢書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済評論社
著者名:竹内 真人(編著)
発行年月日:2019/02/28
ISBN-10:4818825220
ISBN-13:9784818825222
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:外国歴史
ページ数:330ページ
縦:22cm

    日本経済評論社 ブリティッシュ・ワールド―帝国紐帯の諸相(明治大学国際武器移転史研究所研究叢書) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!