偶像の黄昏(河出文庫) [文庫]
    • 偶像の黄昏(河出文庫) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月21日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003115744

偶像の黄昏(河出文庫) [文庫]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月21日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:河出書房新社
販売開始日:2019/04/06
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 163869位

偶像の黄昏(河出文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「この著作は、一箇の魔神、しかも笑う魔神である」―「すべての価値の価値転換」を構想する中で、自身の思想の見取り図として書かれ、自ら「最も本質的な異端思想の要約」と呼ぶニーチェ最後の思想が凝集された究極の書が第一人者の鋭利にして詩的な新訳で甦る。ヨーロッパ文化を支配するあらゆる「偶像」を鉄槌で破壊しながら、「生成の永遠の喜悦」を呼び寄せる、いまだに新しいニーチェ哲学の精髄。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    箴言と矢
    ソクラテスという問題
    哲学における「理性」
    いかにして「真なる世界」はついに寓話となったか―ある誤謬の歴史
    反自然としての道徳
    四つの大きな誤謬
    人類の「改善者」たち
    ドイツ人には何が欠落しているか
    反時代的人間の渉猟
    私が古代の人びとに負うもの
    鉄槌は語る
  • 出版社からのコメント

    ニーチェの最後の著作が流麗で明晰な新訳で復活。ニーチェ哲学の究極的な到達であると同時に自身によるニーチェ入門でもある名著。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ニーチェ,フリードリヒ(ニーチェ,フリードリヒ/Nietzsche,Friedrich)
    1844‐1900

    村井 則夫(ムライ ノリオ)
    1962年生まれ。中央大学教授
  • 著者について

    フリードリヒ・ニーチェ (ニーチェ,フリードリヒ)
    1844-1900。著書『悲劇の誕生』、『反時代的考察』、『人間的な、あまりに人間的な』、『曙光』、『ツァラトゥストラ』、『偶像の黄昏』、『この人を見よ』など。ヨーロッパ思考のありかたを根底から揺るがした哲学者。

    村井 則夫 (ムライ ノリオ)
    1962年生まれ。中央大学教授。著書『ニーチェ――ツァラトゥストラの謎』、共著『中世における理性と霊性』、『西洋哲学史3』、訳書、ニーチェ『喜ばしき知恵』、ブルーメンベルク『近代の正統性3』ほか。

偶像の黄昏(河出文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:フリードリヒ ニーチェ(著)/村井 則夫(訳)
発行年月日:2019/04/20
ISBN-10:4309464947
ISBN-13:9784309464947
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:226ページ
縦:15cm
その他: 原書名: G¨otzen-D¨ammerung〈Nietzsche,Friedrich〉

    河出書房新社 偶像の黄昏(河出文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!