考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと [単行本]
    • 考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003115776

考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/03/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    北極点無補給単独徒歩の挑戦、カナダ~グリーンランド単独行、南極点無補給単独徒歩。日本人初「南極点無補給単独徒歩到達」に成功した著者が綴る、極上ノンフィクション―北極冒険家が三つの冒険で学んだ、自由の本質。
  • 目次

    ■序
    ■第1章 冒険と無謀の狭間  ‐北極点無補給単独徒歩の挑戦(二〇一四年)
    ■第2章 未知への憧れ  ‐カナダ~グリーンランド単独行(二〇一六年)
    ■第3章 資金の壁  ‐南極点無補給単独徒歩(二〇一七~二〇一八年)
  • 内容紹介

    北極冒険家が綴る、極上ノンフィクション!

    TBS「クレイジージャーニー」などで大注目の北極冒険家・荻田泰永。
    北極点無補給単独徒歩の挑戦や南極点無補給単独徒歩到達など「三大冒険録」を通じて、
    自由の本質、さらにはリスクマネジメントや資金調達といった冒険の“リアル”を伝える。


    <目次>
    ■序
    ■第1章 冒険と無謀の狭間  ‐北極点無補給単独徒歩の挑戦(二〇一四年)
    ■第2章 未知への憧れ  ‐カナダ~グリーンランド単独行(二〇一六年)
    ■第3章 資金の壁  ‐南極点無補給単独徒歩(二〇一七~二〇一八年)


    図書館選書
    【第9回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞作】北極冒険家・荻田泰永。北極点挑戦や南極点無補給単独徒歩到達など3大冒険録を通じて、自由の本質、さらにはリスク管理や資金調達といった冒険のリアルを伝える。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荻田 泰永(オギタ ヤスナガ)
    カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より2017年までの18年間に15回の北極行を経験し、北極圏各地を9000km以上移動する。世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。2016年、カナダ最北の村グリスフィヨルド~グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)。2018年1月5日(現地時間)、日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功する。また、日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。北極で学んだ経験を旅を通して子供たちに伝える。海洋研究開発機構、国立極地研究所、大学等の研究者とも交流を持ち、共同研究も実施。北極にまつわる多方面で活動中
  • 著者について

    荻田 泰永 (オギタ ヤスナガ)
    日本唯一の「北極冒険家」。カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より17年までに15回の北極行を経験し、北極圏各地を9000km以上移動する。16年、カナダ最北の村グリスフィヨルド~グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)。2018年1月5日(現地時間)、日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功する。

考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:荻田 泰永(著)
発行年月日:2019/03/27
ISBN-10:404604036X
ISBN-13:9784046040367
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:315ページ
縦:19cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!