アジア近現代史―「世界史の誕生」以後の800年(中公新書) [新書]
    • アジア近現代史―「世界史の誕生」以後の800年(中公新書) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003116634

アジア近現代史―「世界史の誕生」以後の800年(中公新書) [新書]

価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2019/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アジア近現代史―「世界史の誕生」以後の800年(中公新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界人口の約六割を抱え、広大な面積を占めるアジア。本書はそのアジアの歴史を、各国史ではなく一体のものとしてとらえる。各地の土着国家の盛衰と十三世紀のモンゴル帝国の誕生から説き起こし、欧米による植民地化、日本の占領統治の影響、第二次世界大戦後の独立と経済発展、そして「アジア共同体」の模索まで。アジア域内の交流と、欧米など外部勢力との相互作用の双方に着目しながら、「アジアとは何か」を探る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 アジアの原型
    第1章 モンゴル帝国―世界史の誕生
    第2章 ヨーロッパ勢力の衝撃―アジアの大変容
    第3章 近代日本のアジア支配
    第4章 独立・戦争・混乱―アメリカの軍事関与
    第5章 経済開発・民主化・アジア共同体―アメリカとの連携の下で
    終章 アジアとは何か
  • 出版社からのコメント

    アジア域内の交流と、欧米など外部勢力との相互作用とに着目しながら、各国史の寄せ集めではなく一体的にとらえたアジア近現代史入門
  • 内容紹介

    世界人口の約六割を抱え、広大な面積を占めるアジア。本書は、各国史の寄せ集めではなく、アジアの歴史を一体的にとらえる試みである。土着国家の盛衰と十三世紀のモンゴル帝国誕生から説き起こす。欧米による植民地化、日本の占領統治、第二次世界大戦後の独立と経済発展、そして「アジア共同体」の摸索まで。アジア域内の交流と、欧米など外部勢力との相互作用とに着目しながら、アジアとは何かを探る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岩崎 育夫(イワサキ イクオ)
    1949年(昭和24年)、長野県に生まれる。立教大学文学部卒業。アジア経済研究所地域研究第一部主任調査研究員、拓殖大学国際学部教授などを歴任。アジア研究者。専門は東アジア・東南アジアの政治発展論
  • 著者について

    岩崎 育夫 (イワサキイクオ)
    岩崎育夫
    1949年(昭和24年)、長野県に生まれる。立教大学文学部卒業。アジア経済研究所地域研究第一部主任調査研究員、拓殖大学国際学部教授などを歴任。アジア研究者。専門は東アジア・東南アジアの政治発展論。著書に『リー・クアンユー』(岩波書店、1996年)、『華人資本の政治経済学』(東洋経済新報社、1997年。アジア太平洋賞特別賞)、『アジア政治を見る眼』(中公新書、2001年)、『アジア政治とは何か』(中公叢書、2009年)、『物語 シンガポールの歴史』(中公新書、2013年)、『アジアの国家史』(岩波全書、2014年)、『入門 東南アジア近現代史』(講談社現代新書、2017年)などがある。

アジア近現代史―「世界史の誕生」以後の800年(中公新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:岩崎 育夫(著)
発行年月日:2019/04/25
ISBN-10:4121025385
ISBN-13:9784121025388
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:270ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 アジア近現代史―「世界史の誕生」以後の800年(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!